編集手帳

困難を生き抜く力があることを教えたい

投稿日:2017年9月6日 更新日:

2017年9月6日付け「編集手帳」要約

新学期を迎え、やりきれない悲報がつづいた。
夏休み明けは学校生活への不安が募ると聞く。
悩みを抱え込み、孤立している子も少なくない。
周りの大人が見守って、一人じゃないと伝えたい。
〈今を信じろ。/自分を信じろ。/ただその燃える、1本の生命を信じろ〉
詩文のごとく自らを鼓舞しきれない子供にも、困難を生き抜く力があることを教えたい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.08.06付け「編集手帳」要約

大輪をめでつつ、恐怖の経験に思いを致す

2017年8月6日付け「編集手帳」要約 花火は時として空襲や原爆を思い出す。 季節の風物詩も、経験によっては忌まわしい記憶と結びつく。 〈あの閃光が忘れえようか〉(峠三吉「八月六日」) その日がまため …

2018.05.23付け「編集手帳」要約

会見を幹部はどう思ったのだろう

2018年5月23日付け「編集手帳」要約 矛盾だらけの世界から身を引くことを決めたに違いない。 アメフトの危険なタックル問題で名前と顔を明らかにし、真相を語った日本大学の選手である。 実践形式の練習を …

2017.04.09付け「編集手帳」要約

地域の目で邪悪な陰の接近を阻め

2017年4月9付け「編集手帳」要約 過去5年間に175万人の小学生が交通事故の犠牲になった。 春の全国交通安全運動が始まった。 歩行中の交通事故の被害は、全年齢の中でも小学生になって迎える7歳が突出 …

観光立国として裾野を広げたい

観光立国として裾野を広げたい

2017年5月4日付け「編集手帳」要約 大型連休中に、東北地方などで豪華な観光列車が走る。 東京や京都などを回る「ゴールデンルート」から外れて、 あまり知られていない地方に足を向ける訪日外国人が増えて …

2018.03.29付け「編集手帳」要約

こちらは答えが多いほうがよろしい

2018年3月29日付け「編集手帳」要約 入試シーズンが一段落した。 最近まで“風物詩”のように各地の高校、大学の出題ミスが報じられた。 だが大阪大学、京都大学の件は昨年のの試験で、風物詩でなかった。 …