編集手帳

辛抱強く向き合うことから始めては

投稿日:2017年9月2日 更新日:

2017年9月2日付け「編集手帳」要約

武田信玄の重臣が筆録したとされる『甲陽軍艦』に、国を滅ぼす大将の特徴が4点記されている。
〈愚か〉〈臆病〉〈強すぎる〉〈利口過ぎる〉。
ようするに指導者には、バランスの取れた資質が肝心だということなのだろう。
この人も、大将として失敗した過去を持つ。
民進党の前原誠司新代表である。
「失敗したからこそ、その痛みや怖さが分かる」と強調する。
まずは辛抱強く、「寄り合い所帯」と呼ばれる党内と向き合うことから始めてはどうだろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.06.02付け「編集手帳」要約

神様の神意を読み解く難問

2017年6月2日付け「編集手帳」要約 〈OK〉の語源は? 最近その政策を引き合いに出される米国の第7代大統領アンドルー・ジャクソンが、毎度毎度綴を間違えて「oll korrect」と書いたことに始ま …

2017.07.03付け「編集手帳」要約

観光振興で大きな夢を描きたい

2017年7月3日付け「編集手帳」要約 日本観光のブームは依然として続いている。 内需が低迷する中、訪日観光客は頼みの綱だ。 批評家の東浩紀さんは、観光は世界を変える可能性を秘めていると主張する。 観 …

2017.05.24付け「編集手帳」要約

無情な言葉の放水を浴びた心地

2014年5月24日付け「編集手帳」要約 「(がん患者は)働かなくてもいいのではないか」。 自民党の大西英男衆院議員が党の部会で発言し、あとで謝罪した。 昨年、一昨年に続く謝罪。 がんを患う人が働くこ …

2017.11.28付け「編集手帳」要約

平均台は体育館だけにあればいい

2017年11月28日付け「編集手帳」要約 目の不自由な人は、駅のホームが大きな平均台と感じ、転落の恐怖を常に感じているという。 それに対して、少しホッとする記事があった。 型の異なる車両が停車した場 …

2018.04.28付け「編集手帳」要約

贈り物の受け取り主になって欲しい

2018年4月28日付け「編集手帳」要約 韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩委員長が会談した。 二人が手をつないで軍事境界線上の板門店を歩く姿は、たしかに歴史に残る光景ではあろう。 文氏は「平和を願う …