編集手帳

辛抱強く向き合うことから始めては

投稿日:2017年9月2日 更新日:

2017年9月2日付け「編集手帳」要約

武田信玄の重臣が筆録したとされる『甲陽軍艦』に、国を滅ぼす大将の特徴が4点記されている。
〈愚か〉〈臆病〉〈強すぎる〉〈利口過ぎる〉。
ようするに指導者には、バランスの取れた資質が肝心だということなのだろう。
この人も、大将として失敗した過去を持つ。
民進党の前原誠司新代表である。
「失敗したからこそ、その痛みや怖さが分かる」と強調する。
まずは辛抱強く、「寄り合い所帯」と呼ばれる党内と向き合うことから始めてはどうだろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.07.31付け「編集手帳」要約

首相と新閣僚の渾身の名乗りを待つ

2017年7月31日付け「編集手帳」要約 歌舞伎の『白波五人男』は『ゴレンジャー』を連想させる。 5人ほどの主役がテンポ良く名乗りを上げ、絵のようなポーズを決める。 米政界には「歌舞伎ダンス」という比 …

2018.02.09付け「編集手帳」要約

天から送られた手紙

2018年2月9日付け「編集手帳」要約 「雪は天から送られた手紙である」 世界で初めて人工的に雪の結晶を作ることに成功した物理学者、中谷宇吉郎の言葉である。 雪についてありとあらゆる研究をした博士の目 …

2017.03.08付け「編集手帳」要約

のんびりしていた昔よカンバック!

2017年3月8日付け「編集手帳」要約 西部劇『シェーン』の一場面、町の雑貨屋で通信販売のカタログを開き注文する。 商品が馬車で届くまで、どのくらい待ったのだろう。 今や指先ひとつ、インターネット通販 …

2018.05.28付け「編集手帳」要約

歓喜が日本一円に広がるよう望む

2018年5月28日付け「編集手帳」要約 サッカー日本代表前監督ハリルホジッチ氏が協会を訴えた。 謝罪を求めた、賠償額は「1円」だという。 何より名誉回復を重んじるということなのだろう。 W杯の最終メ …

2017.02.05付け「編集手帳」要約

心に日の差す時間が延びるといい

名のみの春ともいうが、日は長くなった。 そのように、人の心に日の差す時間も延びているといい。 「ただ寂しい」。 熊本地震で被災し、借家の「みなし仮説」に独り暮らす70歳の女性の言葉である。 被災者の孤 …