編集手帳

万全の備えを歴史に学べ

投稿日:2017年9月1日 更新日:

2017年9月1日付け「編集手帳」要約

関東大震災で、〈流行蜚語におどらされた男たち〉による朝鮮人の虐殺から94年、きょう震災忌である。
小池百合子知事が朝鮮人犠牲者の慰霊式典への追悼文を取りやめると聞く。
是非はともかく、大震災は社会不安を招き、予期せぬ暴発を引き起こしかねないことを、忘れてはなるまい。
地震列島にあって、かけがえのない暮らしをどう守るか。
歴史に学び、万全の備えを進めたい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.02.19付け「編集手帳』要約

新聞の役割

2017年2月19日付け「編集手帳」要約 漂白の俳人、種田山頭火は熱心に新聞を購読していたらしい。 〈今日そのものが来ないやうな気がする〉、新聞の来なかった朝の心境をそう書き留めている。 新聞のかたち …

2018.03.05付け「編集手帳」要約

円盤はロマンを求める人の心の中にある

2018年3月5日付け「編集手帳」要約 空飛ぶ円盤は宇宙人の乗り物という呪縛は今も根強くあるうようだ。 だが、日本政府も米国も異星人が来た証拠は得られなかったと公式に言っている。 三島由紀夫は一時期、 …

2017.02.26付け「編集手帳」要約

時間ばかりが過ぎていく

2017年2月26日付け「編集手帳」要約 略語の用法に新しい意味が加わって、時代の激変を痛感することがある。 「仮設」 仮設住宅の事だったが、最近は東京五輪の仮設施設をさす場合も多い。 五輪開催が決ま …

2018.02.25付け「編集手帳」要約

もっと触れたい文化がある

2018年2月25日付け「編集手帳」要約 かつての北海道土産の定番といえば木彫りの熊。 アイヌの人たちが古くから手がけていて、木彫家の藤戸竹喜さんもその流れをくむ。 その作品は毛並み、表情、しぐさ、す …

2017.09.24付け「編集手帳」要約

日本が演じるべき役割

2017年9月24日付け「編集手帳」要約 内戦下のシリアの難民を留学生として受け入れる、政府の事業が始まった。 19人が国内の11の大学院で工学や経営学などを学ぶ。 日本は、国際的に難民の認定や受け入 …