編集手帳

万全の備えを歴史に学べ

投稿日:2017年9月1日 更新日:

2017年9月1日付け「編集手帳」要約

関東大震災で、〈流行蜚語におどらされた男たち〉による朝鮮人の虐殺から94年、きょう震災忌である。
小池百合子知事が朝鮮人犠牲者の慰霊式典への追悼文を取りやめると聞く。
是非はともかく、大震災は社会不安を招き、予期せぬ暴発を引き起こしかねないことを、忘れてはなるまい。
地震列島にあって、かけがえのない暮らしをどう守るか。
歴史に学び、万全の備えを進めたい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.01.28付け「編集手帳」要約

「ごめん」のひと言

「ごめん」のひと言。 自分に非があると感じているときは、かえって意固地になって言葉が出てこない。 詫びて前言を取り消せば済むものを、「ごめん」の言えない人が世界を揺るがせている。 「壁のことつひに詫び …

2017.02.08付け「編集手帳」要約

ウソついたら針千本のーます

きょうは「針供養」の日。 昔は女房のへそくりの隠し場所となっていた針箱だが、 当節、隠れているものがるとすれば、祖母や母親にまつわる思い出かもしれない。 「指切りげんまん・・・」も、針箱の中に隠れてい …

2017.07.05付け「編集手帳」要約

1時間19分罵声を受け止めた背中

2017年7月5日付け「編集手帳」要約 1987年、ヤクルト−阪急の日本シリーズ第7戦。 阪急・上田利治監督の1時間19分間に及ぶ抗議は非難の十字砲火を浴びた。 褒めるわけにはいかないが、何かのときに …

2017.07.12付け「編集手帳」要約

誰のための警察かを明確に示せ

2017年7月12日「編集手帳」要約 『警視庁史』の明治編で、栗本鋤雲がパリで道に迷ったときポリスが宿まで送ってくれたと紹介している。 これが新時代の警察制度実現に拍車をかけた。 改正組織犯罪処罰法が …

2018.02.11付け「編集手帳」要約

どうか耳を澄まして

2018年2月11日付け「編集手帳」要約 平昌冬季五輪が始まった。 白銀の世界で躍動する彼、彼女らの体には練習を積み重ね、体得した唯一無二の比率や数式が染みついているに違いない。 冬の五輪にはきまぐれ …