編集手帳

独裁者と通じる側に問う

投稿日:2017年8月30日 更新日:

2017年8月30日付け「編集手帳」要約

北朝鮮がきのう北海道上空への弾道ミサイル発射という愚挙に出た。
緊急警報が流れ、震える思い出過ごした方もおられよう。
核実験の準備も整えたという。
国際社会の連帯を強め、核とミサイルをもてあそぶ金正恩政権を封じたい。
韓国で愛される民族詩人尹東柱の詩句を胸に刻んではどうか。
〈死ぬ日まで空を仰ぎ/一点の恥なきことを〉。
天に尋ねて恥じ入ることはないのかと、独裁者と通じる側にも問うておく。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.05.05付け「編集手帳」要約

不思議でたまらない

2017年5月5日付け「編集手帳」要約 大型連休も終盤を迎え、きょうはこどもの日である。 金子みすゞの〈私は不思議でたまらない〉と繰り返される『不思議』という詩のように、 親子で「不思議」を探しに出か …

2017.04.13付け「編集手帳」要約

今夜は筆が進まない

2017年4月13日付け「編集手帳」要約 ひとつの歌にも数奇な運命がある。 ペギー葉山さんは、『南国土佐を後にして』を歌うのを断った。 だが、ディレクターに押し切られて諦めて歌った。 NHKには視聴者 …

2017.07.11付け「編集手帳」要約

遠くからそっと見守るのがいい

2017年7月11日付け「編集手帳」要約 「海の正倉院」と呼ばれる沖ノ島が、世界遺産の文化遺産のリストに加わる。 封を施さずとも秘宝が守られたのは一木一草一石たりとも持ち出せず、立ち入りが厳しく制限さ …

2018.04.08付け「編集手帳」要約

いつか笑顔で苦労話を語って欲しい

2018年4月8日付け「編集手帳」要約 瀬戸大橋の開通から30年のきょう、地元では記念式典が開かれる。 延べ900万人が10年の歳月を費やして完成させたその工事は、難工事で今でも不可能に思える。 例え …

2017.09.07付け「編集手帳」要約

忠誠心の行方を改めて問う

2017年9月7日付け「編集手帳」要約 都民ファーストの会にとって、都議会戦後初の本格論戦の舞台となった都議会臨時会が閉会した。 知事への礼賛一色だった、という感想を聞く。 お追従と言っては失礼かもし …