編集手帳

独裁者と通じる側に問う

投稿日:2017年8月30日 更新日:

2017年8月30日付け「編集手帳」要約

北朝鮮がきのう北海道上空への弾道ミサイル発射という愚挙に出た。
緊急警報が流れ、震える思い出過ごした方もおられよう。
核実験の準備も整えたという。
国際社会の連帯を強め、核とミサイルをもてあそぶ金正恩政権を封じたい。
韓国で愛される民族詩人尹東柱の詩句を胸に刻んではどうか。
〈死ぬ日まで空を仰ぎ/一点の恥なきことを〉。
天に尋ねて恥じ入ることはないのかと、独裁者と通じる側にも問うておく。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.04.14付け「編集手帳」要約

対策がいる、支援がいる

2018年4月14日付け「編集手帳」要約 前震、本震と2度の「震度7」に見舞われた熊本地震から、きょうで2年になる。 いまだ約3万8000人の方が仮設住宅などの仮住まいを余儀なくされているという。 今 …

2017.07.19付け「編集手帳」要約

その人が残した、豊穣な麦の実

2017年7月19日付け「編集手帳」要約 日野原重明さんは、ハイジャックされた「よど号」の中で『カラマーゾフの兄弟』の一節を印象深く読み、 「業績をあげて有名な医者になる。そういう生き方はもうやめた。 …

2017.06.15付け「編集手帳」要約

今思えば皆遠火事のごとくなり

2017年6月15日付け「編集手帳」要約 1997年9月3日、巨人の王貞治選手が756本の本塁打世界記録を樹立した。 当時は、米大使が議題そっちのけで大記録の達成を待つほどの空気であった。 昨夜、40 …

2018.01.14付け「編集手帳」要約

冬の香りを楽しみたい

2018年1月14日付け「編集手帳」要約 正月を締めくくるどんと焼き。 立ち上る炎をともに辺りに漂う木やわらの焼ける匂いに、参加者はどんな印象を残すだろうか。 食べ物の探索や敵の察知など生存に欠かせな …

2018.05.16付け「編集手帳」要約

今度は目立たないおとなしい子

2018年5月16日付け「編集手帳」要約 新潟市の大桃珠生ちゃんの家族の悲しみは、容疑者が逮捕されたとはいえ日ごとつのるに違いない。 平穏な日々のなかにいつの間にか悪意が潜み、それがある日突然おもてに …