編集手帳

しかるべきためらいがなかったか

投稿日:2017年8月29日 更新日:

2017年8月29日付け「編集手帳」要約

「臍の緒は妙薬」という短編がある。
作中、主人公の女性が幼少時に思い肺炎を患ったとき、母が臍の緒をのませてくれたに違いないと、思い込んだ。
臍の緒は胎児の命を支える管で、特別な力を秘める。
そんな観念であったのだろうか。
臍の緒に含まれるさい帯血は白血病などの治療に成果があるが万病の特効薬ではない。
そのさい帯血の投与を巡り、医師ら6人が逮捕された。
彼らがうたった大腸がん治療や美容の効果は立証されていない。
小説の女性は臍の緒に執着しつつも、抗癌剤治療をしている妹に〈妙薬〉の話を持ち出せない。
しかるべきためらいだろう。
いわんや医師においてをや。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.04.24付け「編集手帳」要約

道理を述べた寅さんの勘違い

2018年4月24日付け「編集手帳」要約 〈朝(あした)に道を聞かば、夕べに死すとも可なり〉 朝(あさ)どう生きるかを悟れば、夕方に死んでも後悔はない−との意味だ。 だが、寅さんは「明日道を聞こうとし …

2018.02.24付け「編集手帳」要約

銃ウイルスの感染を広げるつもりか

2018年2月24日付け「編集手帳」要約 銃はウイルスの生態に似ている。 社会に蔓延するのも人ありきーーなのだが、トランプ大統領はわからないようである。 “感染”をさらに広げるつもりらしい。 フロリダ …

2017.02.09付け「編集手帳」要約

一瞬の隠れ家と別れの頃合い

音楽の才能に恵まれた人は、電線が五線紙に見えるそうだ。 恵まれぬ身には、あやとりの収拾がつかなくなった毛糸を思い出すぐらいだ。 先日、無電柱か推進法が施行された。 景観や、災害時の電柱の倒壊による救出 …

2018.06.01付け「編集手帳」要約

笑顔で懺悔の6月をもう一度

2018年6月1日付け「編集手帳」要約 8年前のW杯の岡田監督率いる日本代表は期待値が低かった。 ところが本番に入るとまさかの躍進。 その年の流行語の一つは「岡ちゃん、ごめんね」だった。 W杯ロシア大 …

2017.08.19付け「編集手帳」要約

隣国の愚挙を許さない

2017年8月19日付け「編集手帳」要約 政府は72年前のきょう、灯火管制の解除を決めた。 日本の夜に戻ったあかりに平和を実感したという人は少なくない。 その幸福な時間が連綿と続く中できのう、北朝鮮の …