編集手帳

しかるべきためらいがなかったか

投稿日:2017年8月29日 更新日:

2017年8月29日付け「編集手帳」要約

「臍の緒は妙薬」という短編がある。
作中、主人公の女性が幼少時に思い肺炎を患ったとき、母が臍の緒をのませてくれたに違いないと、思い込んだ。
臍の緒は胎児の命を支える管で、特別な力を秘める。
そんな観念であったのだろうか。
臍の緒に含まれるさい帯血は白血病などの治療に成果があるが万病の特効薬ではない。
そのさい帯血の投与を巡り、医師ら6人が逮捕された。
彼らがうたった大腸がん治療や美容の効果は立証されていない。
小説の女性は臍の緒に執着しつつも、抗癌剤治療をしている妹に〈妙薬〉の話を持ち出せない。
しかるべきためらいだろう。
いわんや医師においてをや。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.03.15付け「編集手帳」要約

ピカッと光るものがある

2017年3月15日付け「編集手帳」要約 関西弁には、笑いを誘い、人の心を弾ませる魅力がある。 万博の大阪誘致をめぐり、経産省が関西弁の報告書を作成した。 世耕経産相が陳謝して撤回を指示した。 “スベ …

2018.08.08付け「編集手帳」要約

お前のものは俺のもの

2018年8月8日付け「編集手帳」要約 ジャイアンの名言。 〈お前のものは俺のもの。俺のものも俺のもの〉 難しい言葉で言えば、【専横】という。 日本ボクシング連盟の山根会長の振る舞いに、この言葉がよぎ …

2018.05.02付け「編集手帳」要約

賭けの一番人気に不快な理由

2018年5月2日付け「編集手帳」要約 今年のノーベル平和賞をめぐる英ブックメーカーの予想で、北朝鮮の金正恩委員長が一番人気に躍り出た。 今どんなに柔和な顔を見せていようと、人権や自由をないがしろにす …

2018.05.17付け「編集手帳」要約

雨と少し上手に付き合えるといい

2018年5月17日付け「編集手帳」要約 全国の雨男、雨女のみなさん、ご注目を。 気象庁が6月下旬から、1時間あたりの降水量の予報を、これまでの6時間先までから15時間先までに延ばす。 避難や警戒情報 …

2017.02.26付け「編集手帳」要約

時間ばかりが過ぎていく

2017年2月26日付け「編集手帳」要約 略語の用法に新しい意味が加わって、時代の激変を痛感することがある。 「仮設」 仮設住宅の事だったが、最近は東京五輪の仮設施設をさす場合も多い。 五輪開催が決ま …