編集手帳

しかるべきためらいがなかったか

投稿日:2017年8月29日 更新日:

2017年8月29日付け「編集手帳」要約

「臍の緒は妙薬」という短編がある。
作中、主人公の女性が幼少時に思い肺炎を患ったとき、母が臍の緒をのませてくれたに違いないと、思い込んだ。
臍の緒は胎児の命を支える管で、特別な力を秘める。
そんな観念であったのだろうか。
臍の緒に含まれるさい帯血は白血病などの治療に成果があるが万病の特効薬ではない。
そのさい帯血の投与を巡り、医師ら6人が逮捕された。
彼らがうたった大腸がん治療や美容の効果は立証されていない。
小説の女性は臍の緒に執着しつつも、抗癌剤治療をしている妹に〈妙薬〉の話を持ち出せない。
しかるべきためらいだろう。
いわんや医師においてをや。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.08.11付け「編集手帳」要約

ささやかな幸せを…、と星に祈る

2017年8月11日付け「編集手帳」要約 あす12日は、『見上げてごらん夜の星を』を歌った坂本九さんの命日である。 その深夜から「ペルセウス座流星群」が見ごろを迎える。 見上げてみたい星であるが、見上 …

2017.08.04付け「編集手帳」要約

国民の視線は塩辛い

2017年8月4日付け「編集手帳」要約 蒸気機関車の機関士は、食塩の錠剤を口に含み、顔を真っ赤にして罐を焚いていた。 国民を乗せた長距離列車の、内閣は機関士だろう。 罐を焚く面々がいつの間にか、一等車 …

2018.01.03付け「編集手帳」要約

本と読者の出会いにつながるといい

2018年1月3日付け「編集手帳」要約 いまは思う存分、本を読む時間はなかなかとれない。 だが、タレントがテレビで紹介した本が緊急増刷されるということがある。 きっかけがあれば良書を手に取る人は多いと …

2017.07.13付け「編集手帳」要約

昔は立派な父親がいた

2017年7月13日付け「編集手帳」要約 「うたのおばさん」として親しまれる童謡歌手、安西愛子さんの訃報に接し、 国語学者・金田一晴彦さんの失恋談義を読み返している。 旧制浦和高校の時、帰省の際に出会 …

2017.09.26付け「編集手帳」要約

痛みをどこに求めるか

2017年9月26日付け「編集手帳」要約 安倍首相が衆議院解散の意向を表明した。 期待と引き換えに票を募るのが選挙だと言える。 争点に消費税率引き上げによる増収分の使途。 借金返済から子育て支援充実な …