編集手帳

しかるべきためらいがなかったか

投稿日:2017年8月29日 更新日:

2017年8月29日付け「編集手帳」要約

「臍の緒は妙薬」という短編がある。
作中、主人公の女性が幼少時に思い肺炎を患ったとき、母が臍の緒をのませてくれたに違いないと、思い込んだ。
臍の緒は胎児の命を支える管で、特別な力を秘める。
そんな観念であったのだろうか。
臍の緒に含まれるさい帯血は白血病などの治療に成果があるが万病の特効薬ではない。
そのさい帯血の投与を巡り、医師ら6人が逮捕された。
彼らがうたった大腸がん治療や美容の効果は立証されていない。
小説の女性は臍の緒に執着しつつも、抗癌剤治療をしている妹に〈妙薬〉の話を持ち出せない。
しかるべきためらいだろう。
いわんや医師においてをや。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.06.08付け「編集手帳」要約

梅雨来たりなば白南風も遠からじ

2017年6月8日付け「編集手帳」要約 きのう、西は四国、中国から東は関東甲信まで広い地域が梅雨入りした。 雨雲と太陽のせめぎあう空模様がしばらくつづく。 ちょうどいま、大学生の就職戦線が終盤の山場を …

2017.04.08付け「編集手帳」要約

電光石火

2017年4月8日付け「編集手帳」要約 トランプ大統領が〈電光石火〉で、シリアの政府軍基地を順応ミサイルで攻撃した。 オバマ政権時から、米国の姿勢は一変した。 北朝鮮も衝撃を受けたに違いない。 恐れを …

2017.05.01付け「編集手帳」要約

AIに勝つには…

2017年5月1日付け「編集手帳」要約 最近の人工知能(AI)の進歩には驚くばかりだ。 便利になるのはいいが、AIに仕事が奪われる可能もあると聞けば、心穏やかではいられない。 記者は大丈夫だと言い切れ …

2017.06.14付け「編集手帳」要約

お茶を飲み「どうにかなる」とつぶやく

2017年6月14日付け「編集手帳」要約 〈茶煩悩即菩提〉。 「茶」は十を二つ並べた草かんむりに八十八を書き足して茶になる。 百八の迷い〈煩悩〉が悟り(菩提)に至る縁となる、との教えである。 お茶の気 …

2017.11.21付け「編集手帳」要約

冬の装飾に欠かせない凩

2017年11月21日付け「編集手帳」要約 【木枯らし】は【凩】とも書く。 【凩】と書けば、木に北風がヒュルルーンと通り過ぎていくさまに見えて、ふしぎな心持ちになる。 凩が吹く初冬は、強い寒気が列島を …