編集手帳

若者の××離れ

投稿日:2017年8月28日 更新日:

2017年8月28日付け「編集手帳」要約

最近の若者はモノへの執着心が薄いと見る向きもある。
だが、今年の消費者白書によると、若者の消費行動の背景には将来への不安があるという。
「買わない」のではなく「買えない」。
そんな側面もあるのではないか。
本当に消費への感心は失われているのか。
確かめる方法がある。
余裕を持って暮らせる賃金をきちんと払うこと、だ。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.02.24付け「編集手帳」要約

これ薄いなァ

2017年2月24日付け「編集手帳」要約 上方落語の『つる』、出された羊羹に喜六がケチをつけた。 「これ薄いなァ。…包丁で切った?嘘つけ、鉋で削ったんやろ」 名前が「プレミアム」とやけに立派なせいか、 …

2017.06.22付け「編集手帳」要約

神様が羽織を引いたのかも

2017年6月22日付け「編集手帳」要約 将棋の神様がその人の羽織を引いたのかも知れない。 最年長棋士の加藤一二三九段が一昨日、最後の対局に敗れて引退した。 その一夜明けたきのうは最年少棋士の藤井聡太 …

2017.12.09付け「編集手帳」要約

流れ着いてほしいものは来ず

2017年12月9日付け「編集手帳」要約 〈名も知らぬ遠き島より/流れよる椰子の実一つ…〉『椰子の実』。 太平洋沿岸で黒潮大蛇行が長期化しているという。 蛇行の幅が拡大し、さらに沿岸から遠のいた。 椰 …

必死で考えたギャグは全く受けなかったが、 名キャラクター“アホの坂田”は何げない一言から生まれた。 それとは逆に、言葉一つで取り返しがつかなくなることもある。 「賭けないでマージャンをする人が世の中に何%いるのか」 飯塚市の斉藤市長が、辞職願を提出した。 開き直った記者会見に抗議が殺到し、ついに退場に追い込まれた。 とっさの言葉か、あるいは考えぬいた言葉か。 必死で考え抜いたギャグだったのだろう。

向かうところ手品師

豊洲の地下水調査。 9回目の最終調査で、過去の結果を大幅に超える濃度の有害物質が検出された。 移転が決まってからの15年の歳月は一体何だったのだろう。 放送作家・高田文夫さんのダジャレに〈向かうところ …

2018.02.26付け「編集手帳」要約

雪割草をイメージさせる競演

2018年2月26日付け「編集手帳」要約 「雪割草」は根雪の下で酷寒に耐え、少しずつ根を伸ばしながら春を待つ。 雪解けを待ちかねるように、いち早く可憐な花を開く。 忍耐、健気さ、屈しない心、人しれぬ努 …