編集手帳

『レモン林』に、胸を突かれる

投稿日:2017年8月27日 更新日:

2017年8月27日付け「編集手帳」要約

小笠原諸島・父島に『レモン林』という小笠原民謡がある。
〈レモン林の甘い香りの中で キッスをしたのをお月様が見てた〉
父島は、日本とミクロネシアとの中継点として栄え、多様な文化が融合し、独自に進化してきた。
隣国のミサイル発射計画に緊張感を高めつつ迎える八月の終わりである。
〈平和になったら・・・〉。
恋を歌う『レモン林』にふと出てくる言葉に小笠原の歴史が重なり、胸を突かれる。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.05.24付け「編集手帳」要約

無情な言葉の放水を浴びた心地

2014年5月24日付け「編集手帳」要約 「(がん患者は)働かなくてもいいのではないか」。 自民党の大西英男衆院議員が党の部会で発言し、あとで謝罪した。 昨年、一昨年に続く謝罪。 がんを患う人が働くこ …

2017.06.26付け「編集手帳」要約

新たな危険な虫との闘い

2017年6月26日付け「編集手帳」要約 新潟県五泉市の民族行事「善願の虫送り」。 ツツガムシ病はかつて“死に至る病”だったが、戦後治療法が確立され、犠牲者は激減した。 毒虫退散の祈りが再び切実な響き …

2018.02.16付け「編集手帳」要約

いつまで冬眠するつもりだろう

2018年2月16日付け「編集手帳」要約 きょうから確定申告の受付が始まる。 青色吐息で納税する人に気になる名前があるだろう。 森友学園問題で、内部文章を破棄したと答弁した佐川宣寿・国税庁長官である。 …

2017.02.11付け「編集手帳」要約

〈東風解凍〉、もうひと踏ん張りだ

天神さま、菅原道真。 早熟の天才児、政争の敗残者というふたつの面影を花に映じた、梅の人である。 七十二侯のひとつ〈東風解凍(はるかぜこおりとく)〉。 「東風」に縁の深い学問の神様が、受験生を励ましてい …

2018.01.04付け「編集手帳」要約

人間はどう働くべきかを問う

2018年1月4日付け「編集手帳」要約 AIやロボットが台頭する中、人間はどう働くべきか。 きょう仕事始めを迎えた職場では、新年のあいさつでそんな問いかけを口にしたり、耳にしたりする人も少なくないだろ …