編集手帳

子どもを誘い秋の気配を探そう

投稿日:2017年8月26日 更新日:

2017年8月26日付け「編集手帳」要約

夏休みを縮める動きが、公立の小中学校で広がりつつあるらしい。
大阪市の全小学校では1週間短縮、東京でも9月を待たずに休みを切り上げる学校が珍しくない。
「授業時間の確保」という名分はわからなくもないがその分、学校に縛られて自然とじっくりふれあう機会が減りはしないか。
新学期を迎えていなくてもあすは8月最後の日曜である。
予報通りなら、好天が期待できよう。
子供を誘って緑陰で秋の気配を探してみるのも悪くない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.06.22付け「編集手帳」要約

カフカよりゲーテをお手本にしたい

2018年6月22日付け「編集手帳」要約 人手不足への懸念などから企業に副業解禁の波が広がる。 組織で働く人の副業は許されるのか。 絶望名人カフカは、仕事と文学の両立は困難と考えた。 一方、希望名人ゲ …

2017.05.07付け「編集手帳」要約

薫風はあすも吹く

2017年5月7日付け「編集手帳」要約 日曜の終わりが近づくと、あくる日のことを考えて憂鬱になる。 大型連休の最終日と重なる本日の日曜日は一層強まることだろう。 だが、五月は鰹がうまい。 ビアガーデン …

2018.06.06付け「編集手帳」要約

訴訟だということを忘れそうになる

2018年6月6日付け「編集手帳」要約 「聖護院八ッ橋総本店」が掲げる元禄2年創業。 それが虚偽だとして、別の老舗「井筒八ッ橋本舗」が表記の差し止めを求めて訴えたという。 どんな裁判になるのだろう。 …

2017.05.14付け「編集手帳」要約

カーネーション一輪が支える橋

2017年5月14日付け「編集手帳」要約 1917年に発表された『和解』(志賀直哉)の主題は、父を息子の確執である。 最後は、深い溝が埋まり、父子が涙する大団円を迎える。 百年たって、確執劇の主役は母 …

2017.11.20付け「編集手帳」要約

自ら政権を担う気概を示せ

2017年11月20日付け「編集手帳」要約 政治家の言葉は長く禍根を残す。 鳩山元首相が選挙戦で「最低でも県外」と展望もないまま打ち上げて実現せず、政治の混迷は極まった。 残像から逃れようと、民主党は …