編集手帳

備えに怠りなきように

投稿日:2017年8月25日 更新日:

2017年8月25日付け「編集手帳」要約

水やお茶を、買って飲むのが普通になった今も、酷暑の日には小銭の出費が重なって「もったいない」の思いが募る。
“暑さ指数”が「危険」だったきのうもそうだった。
5段階レベルで最悪、日本体育協会は「運動は原則禁止」の目安を示す。
きょうは3年後の東京パラリンピック開幕日にあたる。
ちなみにあす正午の予測は「厳重警戒」で「激しい運動は中止」と目安にあった。
そういう時季の大会である。
備えに怠りなきようにと、改めて言っておく。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.05.27付け「編集手帳」要約

ありすさび、昭和の味カール

2017年5月27日付け「編集手帳」要約 「ありすさび」、一緒にいることに慣れ相手の存在を意識せず、なおざりにすることをいう。 明治がスナック菓子「カール」の販売を東日本でやめるという。 ♪ハァ〜オラ …

2018.03.19付け「編集手帳」要約

北の動きを凝視していきたい

2018年3月19日付け「編集手帳」要約 「ことばは実体とくっついている。実体がある場合は一緒に見せてほしい」(谷川俊太郎)。 北朝鮮の「非核化の意思」はどうだろう。 はたして実体が伴うのか。 米朝首 …

2018.05.28付け「編集手帳」要約

歓喜が日本一円に広がるよう望む

2018年5月28日付け「編集手帳」要約 サッカー日本代表前監督ハリルホジッチ氏が協会を訴えた。 謝罪を求めた、賠償額は「1円」だという。 何より名誉回復を重んじるということなのだろう。 W杯の最終メ …

必死で考えたギャグは全く受けなかったが、 名キャラクター“アホの坂田”は何げない一言から生まれた。 それとは逆に、言葉一つで取り返しがつかなくなることもある。 「賭けないでマージャンをする人が世の中に何%いるのか」 飯塚市の斉藤市長が、辞職願を提出した。 開き直った記者会見に抗議が殺到し、ついに退場に追い込まれた。 とっさの言葉か、あるいは考えぬいた言葉か。 必死で考え抜いたギャグだったのだろう。

向かうところ手品師

豊洲の地下水調査。 9回目の最終調査で、過去の結果を大幅に超える濃度の有害物質が検出された。 移転が決まってからの15年の歳月は一体何だったのだろう。 放送作家・高田文夫さんのダジャレに〈向かうところ …

2017.02.07付け「編集手帳」要約

じつに賤しい

落語の『厄払い』、漢字の読めない怪しい男でもむげには追い返せない。 天下りの斡旋とは、その心理をついた厄払いの押し売りである。 文部科学省で何年も前から、人材押し売りの仕組みが出来上がっていたという。 …