編集手帳

一ミリの攻防

投稿日:2017年8月24日 更新日:

2017年8月24日付け「編集手帳」要約

競技の世界において時に見えない力が勝敗を分かつ。
「流れ」、〈「勢い」であり「雰囲気」であり「感性」である〉という。
夏の高校野球が幕を閉じた。
花咲徳栄が流れを味方につけて、初優勝した。
春夏連覇の夢がついえた大阪桐蔭の、ほんの少し守備が乱れ相手に勢いが生まれた場面が忘れがたい。
〈残酷にも、1ミリの攻防の成否が勝者と敗者を隔ててしまう〉
一つのプレー、一球が流れを変える局面を言うのだろう。
「一ミリの攻防」が輝きを放って消えない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.09.17付け「編集手帳」要約

豊かな玄冬の構想を練ってみる

2018年9月17日付け「編集手帳」要約 青春の対局の「玄冬」を扱う作品が目立つ。 『傘寿まりこ』、80歳のまり子さんが自分らしく生きようと奮闘する姿を描く。 『おらおらでひとりいぐも』、夫を亡くした …

2018.07.26付け「編集手帳」要約

初めっから逃げることにする

2018年7月26日付け「編集手帳」要約 〈いずれ駄目になることが分かっていて、それでも破滅からいかに逃れるかというテーマに積極的に向き合わなければならない〉(「私の社会復帰」阿佐田哲也) 先ごろ国会 …

2018.04.08付け「編集手帳」要約

いつか笑顔で苦労話を語って欲しい

2018年4月8日付け「編集手帳」要約 瀬戸大橋の開通から30年のきょう、地元では記念式典が開かれる。 延べ900万人が10年の歳月を費やして完成させたその工事は、難工事で今でも不可能に思える。 例え …

2017.06.13付け「編集手帳」要約

大川村のうぐいすは人来と鳴く

2017年6月13日付け「編集手帳」要約 平安の人々はうぐいすの鳴き声を「ヒトク」と聴いた。 〈…ひとくとけさはうぐひすぞ鳴く〉(光孝天皇)。 「人来」にかけて、恋しい人が訪れる予感をその擬声語に重ね …

2017.07.04付け「編集手帳」要約

初心に帰る以外に道はない

2017年7月4日付け「編集手帳」要約 東京都議会選で自民党は、小池百合子知事の率いる地域政党に圧倒され、歴史的大敗を喫した。 国会の強引な運営。 閣僚の失言。 メディアへの八つ当たり。 〈勝ちに不思 …