編集手帳

一ミリの攻防

投稿日:2017年8月24日 更新日:

2017年8月24日付け「編集手帳」要約

競技の世界において時に見えない力が勝敗を分かつ。
「流れ」、〈「勢い」であり「雰囲気」であり「感性」である〉という。
夏の高校野球が幕を閉じた。
花咲徳栄が流れを味方につけて、初優勝した。
春夏連覇の夢がついえた大阪桐蔭の、ほんの少し守備が乱れ相手に勢いが生まれた場面が忘れがたい。
〈残酷にも、1ミリの攻防の成否が勝者と敗者を隔ててしまう〉
一つのプレー、一球が流れを変える局面を言うのだろう。
「一ミリの攻防」が輝きを放って消えない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.06.19付け「編集手帳」要約

だまし絵に似ている

2018年6月19日付け「編集手帳」要約 高槻市で小学4年の三宅璃奈さんが小学校のブロック塀の下敷きになり亡くなった。 ブロック塀は建築基準法に違反していたという。 塀には緑の枝を広げる樹木が何本か描 …

2017.09.17付け「編集手帳」要約

地方議会の運営には多彩な顔ぶれが必要だ

2017年9月17日付け「編集手帳」要約 政治参加のハードルを下げる、こんな職場がもっと求められているようである。 議員のなり手不足に悩む各自治体でいろいろなことが行なわれている。 地方議員は60歳以 …

2017.05.03付け「編集手帳」要約

西遊記と重なる日本国憲法の歩み

2017年5月3日付け「編集手帳」要約 日本国憲法とともに歩んだ戦後の70年を顧みるとき、 遥かな天竺へ三蔵法師一行のたどった苦難の旅を描いた『西遊記』が重なる。 国際平和を希求する崇高な理念をうたっ …

2018.01.05付け「編集手帳」要約

心を揺さぶられる色「朱」

2018年1月5日付け「編集手帳」要約 稲荷社の鳥居の「朱」 その語源は「明く」、夜がアク、日に染まった東方の色がアカであり、日の本の国にふさわしい色とも言える。 斎藤茂吉も帰国した際にこの色に心を揺 …

2018.01.03付け「編集手帳」要約

本と読者の出会いにつながるといい

2018年1月3日付け「編集手帳」要約 いまは思う存分、本を読む時間はなかなかとれない。 だが、タレントがテレビで紹介した本が緊急増刷されるということがある。 きっかけがあれば良書を手に取る人は多いと …