編集手帳

一ミリの攻防

投稿日:2017年8月24日 更新日:

2017年8月24日付け「編集手帳」要約

競技の世界において時に見えない力が勝敗を分かつ。
「流れ」、〈「勢い」であり「雰囲気」であり「感性」である〉という。
夏の高校野球が幕を閉じた。
花咲徳栄が流れを味方につけて、初優勝した。
春夏連覇の夢がついえた大阪桐蔭の、ほんの少し守備が乱れ相手に勢いが生まれた場面が忘れがたい。
〈残酷にも、1ミリの攻防の成否が勝者と敗者を隔ててしまう〉
一つのプレー、一球が流れを変える局面を言うのだろう。
「一ミリの攻防」が輝きを放って消えない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.05.31付け「編集手帳」要約

現実にあった横暴な神の寓話

2018年5月31日付け「編集手帳」要約 良心が試されたと思えばどうだろう。 日大アメフト部の学生である。 自らの過ちに気づいたことは、再び前を向き一度は青春を掛けた競技に帰る資格はある。 関東学生ア …

2017.08.09付け「編集手帳」要約

茶番試験は過去にもあったのでは

2017年8月9日付け「編集手帳」要約 山梨市の職員採用試験の成績を改竄した疑いで、現職の市長が逮捕された。 特定の受験者について筆記試験の点数を上乗せするよう、人事担当の職員に指示したという。 明る …

2017.02.18付け「編集手帳」要約

船村節は今夜も誰かを泣かせている

船村徹さんが84歳で亡くなった。 生涯を通して言葉を何よりも大切にし、詞に惚れて曲を書いた人だった。 『王将』の曲想を得た時の思い出話が忘れがたい。 故郷で母がかまどで飯を炊いているその後ろ姿を見て、 …

2018.02.23付け「編集手帳」要約

ぴたり呼吸を合わせた笑顔が並んだ

2018年2月23日付け「編集手帳」要約 映画『男はつらいよ』の寅さんに 「お前と俺は別の人間なんだぞ。早い話が、オレがイモを食って、お前がプッと屁をするか?」 というセリフがある。 ようするに、別々 …

2017.07.30付け「編集手帳」要約

感謝される日もいずれは来る

2017年7月30日付け「編集手帳」要約 暑さにあえぐ旅人がプラタナスの木陰で身を休める事が出来たのに、散々なこと言って木が怒るというイソップの寓話がある。 そのプラタナスが剪定や落ち葉の処理に手間が …