編集手帳

大人の失地回復に周囲の責任は重い

投稿日:2017年8月23日 更新日:

2017年8月23日付け「編集手帳」要約

元国連事務次長の明石康さんは、
敗戦を機に鬼畜米英を叫んでいた先生や指導者が一変した様子を見て、
「大人は信用できないない」と思った。
山梨県甲州市の中学の校長が贈賄容疑で逮捕された。
全生徒21人の山あいの学校の生徒のショックは大きかろう。
明石さんは「日本の将来はお上任せではなく自分自身の頭で考えないとだめだ」と思ったという。
だから皆さんも、と今の時代の子供に言うのは酷だろう。
大人の失地回復に周囲の責任は重い。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.01.18付け「編集手帳』要約

浮世のマナー

〈渡る世間に鬼はなし〉、〈人を見たら泥棒と思え〉という矛盾する二つのことわざ。 いずれが実で、いずれが虚かを論じても意味はあるまい。 ただし、“鬼なし”派よりも“泥棒”派のほうが心のありようは不幸であ …

2017.10.23付け「編集手帳」要約

「感」が「惑」に変った

2017年10月23日付け「編集手帳」要約 「感」の中に「惑」に似た部分がある。 小池新党の「好感」の「感」の中にも、それはあった。 民進党との合流時、政策の一致しない候補について「排除します」と語っ …

2018.04.16付け「編集手帳」要約

不正行為を呼ぶ暗号となってはいけない

2018年4月16日付け「編集手帳」要約 コナン・ドイル作「踊る人形」でシャーロック・ホームズは人形に隠された暗号を解読し、犯人の心の中を言い当てた。 現代のネット社会にも、人の心を読み解く手法が広が …

2018.08.30付け「編集手帳」要約

扇風機一つでも寒い

2018年8月30日付け「編集手帳」要約 岐阜の病院で、高齢の入院患者5人が熱中症とみられる症状で亡くなった。 冷房が壊れ、病室には1台の扇風機が回っていただけだった。 暑さがまだ災害と呼ばれない時代 …

2017.02.07付け「編集手帳」要約

じつに賤しい

落語の『厄払い』、漢字の読めない怪しい男でもむげには追い返せない。 天下りの斡旋とは、その心理をついた厄払いの押し売りである。 文部科学省で何年も前から、人材押し売りの仕組みが出来上がっていたという。 …