編集手帳

大人の失地回復に周囲の責任は重い

投稿日:2017年8月23日 更新日:

2017年8月23日付け「編集手帳」要約

元国連事務次長の明石康さんは、
敗戦を機に鬼畜米英を叫んでいた先生や指導者が一変した様子を見て、
「大人は信用できないない」と思った。
山梨県甲州市の中学の校長が贈賄容疑で逮捕された。
全生徒21人の山あいの学校の生徒のショックは大きかろう。
明石さんは「日本の将来はお上任せではなく自分自身の頭で考えないとだめだ」と思ったという。
だから皆さんも、と今の時代の子供に言うのは酷だろう。
大人の失地回復に周囲の責任は重い。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.06.14付け「編集手帳」要約

お茶を飲み「どうにかなる」とつぶやく

2017年6月14日付け「編集手帳」要約 〈茶煩悩即菩提〉。 「茶」は十を二つ並べた草かんむりに八十八を書き足して茶になる。 百八の迷い〈煩悩〉が悟り(菩提)に至る縁となる、との教えである。 お茶の気 …

2017.06.10付け「編集手帳』要約

日だまりのような時間が訪れるといい

2017年6月10日付け「編集手帳」要約 今上陛下が明治天皇以降、初めて恋ごころを歌に詠んだ。 〈もどり来し宮居の庭は春めきてが我妹と出でてふきのたう摘む〉 2003年、退院されたときのお歌である。 …

2017.10.28付け「編集手帳」要約

ちゃらいは、ちょっと

2017年10月28日付け「編集手帳」要約 来月1月「広辞苑第七版」が発売される。 約一万語が新たに加わるが、その中のひとつ「ちゃらい」が、お口に合わない方もおいでになろう。 清少納言が「枕草子」で述 …

2018.02.23付け「編集手帳」要約

ぴたり呼吸を合わせた笑顔が並んだ

2018年2月23日付け「編集手帳」要約 映画『男はつらいよ』の寅さんに 「お前と俺は別の人間なんだぞ。早い話が、オレがイモを食って、お前がプッと屁をするか?」 というセリフがある。 ようするに、別々 …

2017.01.03付け「編集手帳」要約

駅伝を人間の年齢にあてはめる

箱根駅伝のテレビ中継を見ていて、各区間に人間の年齢をあてはめてみるときがある。 平均寿命を全行程とすれば、往路2区は青春前半。 往路5区・復路6区は30代半ばから40代後半。 人生の山坂が重なる競技で …