編集手帳

子供たちの朝が続く事に感謝した

投稿日:2017年8月15日 更新日:

2017年8月15日付け「編集手帳」要約

『瀬戸内少年野球団の碑』には、「あのとき空は青かった」という題名の詩が刻まれている。
〈戦争という夜のあと 子供の朝が訪れた〉とある。
「あのとき」は72年前のきょうを指す。
作詞家・阿久悠さんは、野球・映画・流行歌の三つを、「民主主義の三色旗」と呼び、野球をこよなく愛した人であった。
テレビでは高校野球が放送されている。
子どもたちの朝が続いている当たり前の事実に感謝した。
いつも以上に身の引き締まる終戦の日である。
〈緑は今もみずみずしいか/人の心は鴎のように真っ白だろうか/子供はほがらかか/愛する人よすこやかに〉(『契り』)
亡き人の、気遣わしげな声を聴く。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.05.03付け「編集手帳」要約

こらっ、としかる大人が必要だ

2018年5月3日付け「編集手帳」要約 愛知県の犬山高校で、サッカー部が学業成績で「1」をもらった部員を丸刈りにさせていた。 学校側は体罰と受け取られかねないとして、やめさせた。 当然と思いつつも、勉 …

2018.08.28付け「編集手帳」要約

汗まみれが美しく聞こえない

2018年8月28日付け「編集手帳」要約 寅次郎は「汗まみれになる仕事」にあこがれていたという。 それは山田洋次郎監督が描く「汗まみれ」になって働く人々への敬意だろう。 建設業界では、いまだ週休2日を …

2018.10.21付け「編集手帳」要約

少年らの瞳に映る四季を夢想する

2018年10月21日付け「編集手帳」要約 梅が咲いた、モズが鳴いた、トカゲを見た。 季節の移ろいは動植物の目配りから読み取ることができる。 南アルプス市の芦安地区で、半世紀以上中学生の新聞配達が続く …

2017.07.28付け「編集手帳」要約

立派なハンドルを装備せよ

2017年7月28日付け「編集手帳」要約 民進党の蓮舫代表が辞任をするという。 その党を会社に例えると、〈民主自動車〉の頃、外交・安全保障というハンドルが脱落する欠陥を製造して客足が遠のいた。 〈民進 …

2017.04.26付け「編集手帳」要約

東海道駅伝徒歩競技開催から100年

2017年4月26日付け「編集手帳」要約 土岐善麿は歌人として知られる。 が、日本陸上競技の歴史を語るとき、その名は欠かせない。 土岐が、日本初の駅伝大会「東海道駅伝徒歩競技」を企画したのは、1917 …