編集手帳

新たな荒波に注視が怠れぬ

投稿日:2017年8月7日 更新日:

2017年8月7日付け「編集手帳」要約

中国の最高指導者は泳ぎにまつわる武勇伝に事欠かない。
習近平国家主席は、恒例の「北載河会議」で公の場に姿を見せず、政治の海に「潜伏」している模様だ。
大国中国のリーダーは、大荒れの世界に向き合う。
以前よりも高度な「遊泳術」が求められよう。
日本は中国と一衣帯水である。
その振る舞いを見る限り、習氏の泳ぎぶりはあまりお行儀がよろしくない。
新たな荒波に注視が怠れぬ。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.10.14付け「編集手帳」要約

電話魔め

2017年10月14日付け「編集手帳」要約 狐狸庵先生こと遠藤周作さんは、いたずら好きとしても知られていた。 税務署や警官を名乗って、作家仲間にいたずら電話をしていた。 そのいたずらは「電話魔罪状録」 …

2017.11.22付け「編集手帳」要約

戦争は嫌という表情は崩さない

2017年11月22日付け「編集手帳」要約 トランプ米大統領が、北朝鮮のテロ支援国家再指定に踏み切った。 何かの算段が隠れていることを願わずに入られない。 国際社会で一層孤立する北朝鮮が、どう反応して …

2018.07.30付け「編集手帳」要約

立場ある人がおとしめてどうする

2018年7月30日付け「編集手帳」要約 タイ北部の洞窟に閉じ込められた少年らの救出劇に、実は日本も一役買っていた。 JAXAの観測衛星「だいち2号」が、現地の精密な地形図を撮影してタイ政府に提供した …

2018.08.17付け「編集手帳」要約

熱でお化け番組を作った人

2018年8月17日付け「編集手帳」要約 ホームドラマの名手とうたわれた脚本家、布施博一さんが86歳で亡くなった。 代表作『熱中時代』で、子供たちに全力でぶつかる北野先生は、一話一話骨身を削って書いた …

2018.09.17付け「編集手帳」要約

豊かな玄冬の構想を練ってみる

2018年9月17日付け「編集手帳」要約 青春の対局の「玄冬」を扱う作品が目立つ。 『傘寿まりこ』、80歳のまり子さんが自分らしく生きようと奮闘する姿を描く。 『おらおらでひとりいぐも』、夫を亡くした …