編集手帳

新たな荒波に注視が怠れぬ

投稿日:2017年8月7日 更新日:

2017年8月7日付け「編集手帳」要約

中国の最高指導者は泳ぎにまつわる武勇伝に事欠かない。
習近平国家主席は、恒例の「北載河会議」で公の場に姿を見せず、政治の海に「潜伏」している模様だ。
大国中国のリーダーは、大荒れの世界に向き合う。
以前よりも高度な「遊泳術」が求められよう。
日本は中国と一衣帯水である。
その振る舞いを見る限り、習氏の泳ぎぶりはあまりお行儀がよろしくない。
新たな荒波に注視が怠れぬ。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.01.20付け「編集手帳」要約

不許OB入校門

〈不許葷酒入山門〉(葷酒、山門に入るを許さず)。 「許さざれども、葷酒、山門に入る」。 「葷を許さず、酒、山門より入れ」と読み方を変えて戒めを破るものもいたらしい。 「許さざれども、わがOBを校門に受 …

2017.11.16付け「編集手帳」要約

這っても黒豆

2017年11月16日付け「編集手帳」要約 【這っても黒豆】ということわざがあるが、この「黒」はどうなのだろう? 大阪府立高校の女子生徒が訴訟を起こした。 生まれつき茶色の髪を学校に無理やり黒く染めら …

2017.10.17付け「編集手帳」要約

丸く収まる方法

2017年10月17日付け「編集手帳」要約 単行本から文庫へという従来の手順を踏まず、同時に発売された。 同じ新刊が廉価で変えるのはうれしいにしても、出版社にどんな利点があるのだろう。 出版業界では年 …

2017.10.18付け「編集手帳」要約

切符は何枚になったでしょう

2017年10月18日付け「編集手帳」要約 すべての国立大学が2020年度から、共通テストに英検などの民間試験を併用することを決めた。 〈話す力〉をより重視する。 読み書きはできても会話にまごつく旧世 …

2017.05.14付け「編集手帳」要約

カーネーション一輪が支える橋

2017年5月14日付け「編集手帳」要約 1917年に発表された『和解』(志賀直哉)の主題は、父を息子の確執である。 最後は、深い溝が埋まり、父子が涙する大団円を迎える。 百年たって、確執劇の主役は母 …