編集手帳

新たな荒波に注視が怠れぬ

投稿日:2017年8月7日 更新日:

2017年8月7日付け「編集手帳」要約

中国の最高指導者は泳ぎにまつわる武勇伝に事欠かない。
習近平国家主席は、恒例の「北載河会議」で公の場に姿を見せず、政治の海に「潜伏」している模様だ。
大国中国のリーダーは、大荒れの世界に向き合う。
以前よりも高度な「遊泳術」が求められよう。
日本は中国と一衣帯水である。
その振る舞いを見る限り、習氏の泳ぎぶりはあまりお行儀がよろしくない。
新たな荒波に注視が怠れぬ。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

必死で考えたギャグは全く受けなかったが、 名キャラクター“アホの坂田”は何げない一言から生まれた。 それとは逆に、言葉一つで取り返しがつかなくなることもある。 「賭けないでマージャンをする人が世の中に何%いるのか」 飯塚市の斉藤市長が、辞職願を提出した。 開き直った記者会見に抗議が殺到し、ついに退場に追い込まれた。 とっさの言葉か、あるいは考えぬいた言葉か。 必死で考え抜いたギャグだったのだろう。

向かうところ手品師

豊洲の地下水調査。 9回目の最終調査で、過去の結果を大幅に超える濃度の有害物質が検出された。 移転が決まってからの15年の歳月は一体何だったのだろう。 放送作家・高田文夫さんのダジャレに〈向かうところ …

2017.03.11付け「編集手帳」要約

大切な忘れ物をしてこなかったか

2017年3月11日付け「編集手帳」要約 東日本大震災が起きてまもない頃、 友人が絵に書いたような寸借詐欺にあった。 「…むしょうに困っている誰かの役に立ちたい。そういう心境だったんだな」という。 テ …

2018.08.17付け「編集手帳」要約

熱でお化け番組を作った人

2018年8月17日付け「編集手帳」要約 ホームドラマの名手とうたわれた脚本家、布施博一さんが86歳で亡くなった。 代表作『熱中時代』で、子供たちに全力でぶつかる北野先生は、一話一話骨身を削って書いた …

2017.09.20付け「編集手帳」要約

ピーキング

2017年9月20日付け「編集手帳」要約 スポーツの世界にビーキングという言葉がある。 安倍首相が衆院解散の意向を固めたという報に、この言葉が浮かんだ。 決戦前に一度、調子の底を迎えておくという調整方 …

2017.02.08付け「編集手帳」要約

ウソついたら針千本のーます

きょうは「針供養」の日。 昔は女房のへそくりの隠し場所となっていた針箱だが、 当節、隠れているものがるとすれば、祖母や母親にまつわる思い出かもしれない。 「指切りげんまん・・・」も、針箱の中に隠れてい …