編集手帳

国民の視線は塩辛い

投稿日:2017年8月4日 更新日:

2017年8月4日付け「編集手帳」要約

蒸気機関車の機関士は、食塩の錠剤を口に含み、顔を真っ赤にして罐を焚いていた。
国民を乗せた長距離列車の、内閣は機関士だろう。
罐を焚く面々がいつの間にか、一等車にふんぞり返っていなかったか。
支持率の低下は、おごれる機関士を叱る乗客の声にほかならない。
きのう、改造内閣が発足した。
乗客が「安倍号」を選んだのは、内においてはデフレを脱し、外に向けては国防の備えを万全にする運行計画に共感したからである。
もう遅延は許されない。
罐を焚いてもらおう。
食塩錠は不要だろう。
国民の視線は十分に塩辛い。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.03.25付け「編集手帳」要約

不来方

2017年3月25日付け「編集手帳」要約 「不来方」 岩手・盛岡の古名で、啄木の歌集にも出てくる地名である。 昨日甲子園で、伝統の名を胸に掲げる不来方高校の球児たちが登場した。 選手10人のチームで、 …

2018.07.10付け「編集手帳」要約

辞書にもない降り方にどう対処しよう

2018年7月10日付け「編集手帳」要約 雨のオノマトペはいくつもある。 しょぼしょぼ/しとしと/ぽつぽつ/ぱらぱら/ばらばら/ざあざあ…と勢いを増してくる。 西日本を中心とした暴力的な大雨は、ざあざ …

2018.10.27付け「編集手帳」要約

減ってほしい数ではあるけれど

2018年10月27日付け「編集手帳」要約 小中学校で不登校が過去最多の14万4000人にのぼった。 理由は家庭の問題、友人関係、学業不振と多岐にわたる。 焦らせず、長期的な視点で個々に合わせた支援を …

2017.10.03付け「編集手帳」要約

そろわないと選ばないというが…

2017年10月3日付け「編集手帳」要約 はるか昔、「選」という字には「えらぶ」のほか「そろえる」の意があったという。 選ぶ、そろえるーーこの二つの動詞の奇縁を思わざるを得ない。 衆院選公示を前に、希 …

2018.03.19付け「編集手帳」要約

北の動きを凝視していきたい

2018年3月19日付け「編集手帳」要約 「ことばは実体とくっついている。実体がある場合は一緒に見せてほしい」(谷川俊太郎)。 北朝鮮の「非核化の意思」はどうだろう。 はたして実体が伴うのか。 米朝首 …