編集手帳

稲葉ジャンプに震える日を待つ

投稿日:2017年8月1日 更新日:

2017年8月1日付け「編集手帳」要約

えにしの糸とは不思議なもである。
稲葉篤紀さんは、大学4年間で6本しか本塁打がない。
うち明大戦で放った2試合連続アーチを、たまたま野村克也氏が見ていた。
プロでは無理というスカウトを押し切り、ドラフトで指名した。
その人が2000本安打の名選手に育つのだから人生は分からない。
稲葉さんが「侍ジャパン」の新監督に決まった。
東京五輪の舞台で、列島が歓喜の“稲葉ジャンプ”に震える日を待つ。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.03.18付け「編集手帳」要約

たまにはバスを待ってみようか

2018年3月18日付け「編集手帳」要約 バスという乗り物は、車内でお国言葉が行き交い、地方の人々の一日一日を支える人間くさい乗り物だ。 その実、現場には厳しい現実が横たわる。 乗客数はピーク時の4割 …

2018.03.12付け「編集手帳」要約

風評被害払拭のための地道な取組

2018年3月12日付け「編集手帳」要約 福島県二本松市で農業を営む斉藤登さんは、風評との戦いを続けている。 震災直後から首都圏などでの直販やネット販売を続け、売上も伸びている。 その一方で、依然とし …

2017.08.19付け「編集手帳」要約

隣国の愚挙を許さない

2017年8月19日付け「編集手帳」要約 政府は72年前のきょう、灯火管制の解除を決めた。 日本の夜に戻ったあかりに平和を実感したという人は少なくない。 その幸福な時間が連綿と続く中できのう、北朝鮮の …

2017.01.301付け「編集手帳」要約

疎にして多

自殺で亡くなる人の少ない地域の共通点は、人間関係は「疎にして多」。 お付き合いは挨拶程度で、マイペース。 でも、みんな顔見知りで孤立は起きにくい。 国内の自殺者は昨年、2万2000人を下回った。 自治 …

2017.11.12付け「編集手帳」要約

鉄腕の訴えが、心に響く

2017年11月12日付け「編集手帳」要約 あすは西鉄ライオンズのエースだった稲尾和久さんの命日。 ロッテの監督時代に、けがを過度に恐れて萎縮してほしくない、との思いがあり、 投手の「1試合100球」 …