編集手帳

稲葉ジャンプに震える日を待つ

投稿日:2017年8月1日 更新日:

2017年8月1日付け「編集手帳」要約

えにしの糸とは不思議なもである。
稲葉篤紀さんは、大学4年間で6本しか本塁打がない。
うち明大戦で放った2試合連続アーチを、たまたま野村克也氏が見ていた。
プロでは無理というスカウトを押し切り、ドラフトで指名した。
その人が2000本安打の名選手に育つのだから人生は分からない。
稲葉さんが「侍ジャパン」の新監督に決まった。
東京五輪の舞台で、列島が歓喜の“稲葉ジャンプ”に震える日を待つ。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.08.11付け「編集手帳」要約

ささやかな幸せを…、と星に祈る

2017年8月11日付け「編集手帳」要約 あす12日は、『見上げてごらん夜の星を』を歌った坂本九さんの命日である。 その深夜から「ペルセウス座流星群」が見ごろを迎える。 見上げてみたい星であるが、見上 …

2017.06.22付け「編集手帳」要約

神様が羽織を引いたのかも

2017年6月22日付け「編集手帳」要約 将棋の神様がその人の羽織を引いたのかも知れない。 最年長棋士の加藤一二三九段が一昨日、最後の対局に敗れて引退した。 その一夜明けたきのうは最年少棋士の藤井聡太 …

2018.01.30付け「編集手帳」要約

上の空だった経営者

2018年1月30日付け「編集手帳」要約 あすの31日の夜は皆既月食。 世間の憂さや騒動を忘れてぼんやりとしたいが、引きずる事件がある。 仮想通貨の取引会社の顧客の資産の流失事件である。 いったい何が …

2017.08.05付け「編集手帳」要約

“かたみ”が非常食に変わるまで

2017年8月5日付け「編集手帳」要約 〈短夜のもの見ればみなかたみ哉〉 この句が胸に響くのは、月遅れのお盆が近いせいだけではないかもしれない。 多くの人の命を奪った、九州北部の豪雨から今日で1ヶ月に …

2017.12.07付け「編集手帳」要約

気持よく払っているかを確かめる

2017年12月7日付け「編集手帳」要約 玄関先を長くもやもやさせた問題がついに決着したか。 NHK受信料をテレビ使用者の義務とする制度に、「合憲」のお墨付きが出た。 放送の公共性を重く見たという。 …