編集手帳

首相と新閣僚の渾身の名乗りを待つ

投稿日:2017年7月31日 更新日:

2017年7月31日付け「編集手帳」要約

歌舞伎の『白波五人男』は『ゴレンジャー』を連想させる。
5人ほどの主役がテンポ良く名乗りを上げ、絵のようなポーズを決める。
米政界には「歌舞伎ダンス」という比喩もある。
本質ではなくお芝居だ、といった軽口である。
安倍首相の舞台は、急速に人気が落ちている。
内閣改造で場面転換に成功するだろうか。
目先を変えるだけの「改造ダンス」なら後はない。
まずは、首相と新閣僚の渾身の名乗りを待とう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.05.11付け「編集手帳」要約

心にとりつくのは何の念だろう

2018年5月11日付け「編集手帳」要約 きょうが忌日の萩原朔太郎の詩に次の一節がある。 〈記憶は雪のふるやうなもので/しづかに生活の過去につもるうれしさ〉 記憶は“つもる”もの。 それが自然だと思う …

2017.07.30付け「編集手帳」要約

感謝される日もいずれは来る

2017年7月30日付け「編集手帳」要約 暑さにあえぐ旅人がプラタナスの木陰で身を休める事が出来たのに、散々なこと言って木が怒るというイソップの寓話がある。 そのプラタナスが剪定や落ち葉の処理に手間が …

2018.08.11付け「編集手帳」要約

あのラストシーンがまぶたに浮かぶ

2018年8月11日付け「編集手帳」要約 今週、ロバート・レッドフォード氏の引退の報が伝わった。 映画で共演したポール・ニューマンとの友情は銀幕にとどまるものではなかったと聞く。 その盟友の死去から来 …

2017.04.02付け「編集手帳」要約

代償が大きすぎる

2017年4月2日付け「編集手帳」要約 多くの場合、机上の論に経験はまさる。 経験が当てにならない場合もある。 「過去になかった」と洪水や土砂崩れのあった地域の住民が途方に暮れる。 これもまた人が経験 …

2018.11.22付け「編集手帳」要約

いい夫婦の日

2018年11月22日付け「編集手帳」要約 毒蝮三太夫さんはむかし、〈兎に角…〉という台本が読めずに大出玉を食らった。 そんな毒蝮さんが50年を経て今ではかなりの文人となっている。 かれこれ10年以上 …