編集手帳

感謝される日もいずれは来る

投稿日:2017年7月30日 更新日:

2017年7月30日付け「編集手帳」要約

暑さにあえぐ旅人がプラタナスの木陰で身を休める事が出来たのに、散々なこと言って木が怒るというイソップの寓話がある。
そのプラタナスが剪定や落ち葉の処理に手間がかかるために街路樹が減っているという。
だが、五輪開催時の暑さ対策として街路樹の陰を広げるという計画があるという。
3年先の今日は大会7日目、緑陰のありがたみが身にしみている人もいよう。
人に親切を施してもわかってもらえないことは多い。
確かにそうだが、感謝される日もいずれは来る。
寓話の続編が紡がれるといい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.04.24付け「編集手帳」要約

道理を述べた寅さんの勘違い

2018年4月24日付け「編集手帳」要約 〈朝(あした)に道を聞かば、夕べに死すとも可なり〉 朝(あさ)どう生きるかを悟れば、夕方に死んでも後悔はない−との意味だ。 だが、寅さんは「明日道を聞こうとし …

2018.07.18付け「編集手帳」要約

青空と太陽の貸しを返させよう

2018年7月18日付け「編集手帳」要約 〈…きみたちは/甲子園に1イニングの貸しがある/そして/青空と太陽の貸しもある〉『甲子園の詩 敗れざる君たちへ』 詩の本意は無念よりもその後の人生の励ましだろ …

2018.09.17付け「編集手帳」要約

豊かな玄冬の構想を練ってみる

2018年9月17日付け「編集手帳」要約 青春の対局の「玄冬」を扱う作品が目立つ。 『傘寿まりこ』、80歳のまり子さんが自分らしく生きようと奮闘する姿を描く。 『おらおらでひとりいぐも』、夫を亡くした …

2017.05.06付け「編集手帳」要約

もうひと頑張りお願いしたい

2017年5月6日付け「編集手帳」要約 高速道路の渋滞で、夜の下り線を埋め尽くすテールランプには悲壮感が漂う。 技術革新が進み、自動運転や観光バスのギアがオートマチックになると、赤いテールランプのイメ …

2017.11.06付け「編集手帳」要約

原点に回帰してもらいたい

2017年11月6日付け「編集手帳」要約 神戸製鋼所の品質偽装事件は、仕様に合わないものをトクサイと称して出荷していた。 企業倫理綱領に反していたにもかかわらず、経営陣からも現場からも、出荷をやめさせ …