編集手帳

恩知らずは誰だ

投稿日:2017年7月29日 更新日:

2017年7月29日付け「編集手帳」要約

ルイ14世は〈役職をひとつ設けるたび、私は100人の不満分子と1人の恩知らずを作る〉と嘆いた。
稲田防衛相が「消えた日報問題」の監督責任をとって辞任をした。
彼女は、安倍首相にとって、“恩知らず”組の一人に違いない。
だが、稲田氏の数々の失言をかばい続けたのは首相である。
批判に知らん顔が通ると思ったのなら“安倍一強”の傲りだろう。
首相を信じて今の多数議席を与えた有権者にとり、恩知らずは誰あろう首相その人かも知れない。
支持率に陰りの目立つ首相は一度、日の位置を確認しておくといい。
昼下がりの薄曇に見えて、じつは黄昏のこともある。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.01.15付け「編集手帳」要約

小豆粥をすすりつつ息災を祈る

2018年1月15日付け「編集手帳」要約 小正月に食べる小豆粥は、韓国でも汁粉風のスタイルで親しまれている。 韓国映画『王になった男』では、一杯の小豆粥が人の心を動かし、結びつける。 暴君と瓜二つの道 …

2018.01.26付け「編集手帳」要約

カラフルな背中が春近しと思わせる

2018年1月26日付け「編集手帳」要約 千葉県立農業大学校が「飛べないテントウムシ」を商品化し、農家への販売を始めるという。 野菜作りに大敵なアブラムシを1日100匹ほおばる大食漢で、農薬代わりにな …

2017.05.11付け「編集手帳」要約

感謝の拍手がもらえる大統領を望む

2017年5月11日付け「編集手帳」要約 〈出落ち〉は、登場したときが一番盛り上がり、それ以降は見せ場がない。 と、いう意味だが、韓国の歴代大統領には出落ちが目につく。 新大統領、文在寅氏はどうだろう …

2017.06.04付け「編集手帳」要約

いまもかなり変

2016年6月4日付け「編集手帳」要約 戦前の昭和には、縁談相手の成績を学校へ行って見せてもらうことは珍しい話ではなかった。 個人情報保護法の全面施行後、交通事故の被害者の家族が病院に様態を尋ねたとこ …

2017.12.12付け「編集手帳」要約

真実にかぶさるほこりを払え

2017年12月12日付け「編集手帳」要約 江戸の時代、13日は年に一度の大掃除「煤払い」の日だった。 相撲界が、元横綱・日馬富士の傷害事件の掃除をすませ、来年を迎える準備が整うのはいつだろう。 鳥取 …