編集手帳

鏡を責めて見目麗しくなった政権はない

投稿日:2017年7月27日 更新日:

2017年7月27日付け「編集手帳」要約

ありのままに映しだされると不愉快になり、遠ざければ遠ざけたで結果はもっと芳しくない。
鏡は時に厄介なものである。
権力にとってメディアの存在は鏡に似ているかも知れない。
自民党の二階幹事長が、またメディア批判を開陳した。
「我々は料金を払って購読しているのだから、書く方も責任を持ってくださいよ」
「そんなこと(=世論の批判)に耳を貸さない」
〈つらが曲がっているのに、鏡をせめて何になろ…〉。
鏡を責めて見目麗しくなった政権はいない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.05.20付け「編集手帳」要約

天道は是か非か

2017年5月20日付け「編集手帳」要約 〈天道は是か非か〉 少年事件ではかつて加害者少年の人権に配慮するあまり、 被害者の遺族は少年審判を膨張することさえ許されなかった。 神戸市須磨区の連続児童殺傷 …

2017.02.24付け「編集手帳」要約

これ薄いなァ

2017年2月24日付け「編集手帳」要約 上方落語の『つる』、出された羊羹に喜六がケチをつけた。 「これ薄いなァ。…包丁で切った?嘘つけ、鉋で削ったんやろ」 名前が「プレミアム」とやけに立派なせいか、 …

2018.04.15付け「編集手帳」要約

記憶という宝をどう生かすか

2018年4月15日付け「編集手帳」要約 『熊本明治震災日記』は水島日記とも呼ばれる。 地震の発生から一月の間、明治期の熊本がどんな混乱に陥ったか、被災者の目線で記してある。 生々しく詳密な記述が、ま …

2018.09.02付け「編集手帳」要約

買い物の楽しみの本質をみる

2018年9月2日付け「編集手帳」要約 大阪人=金にシビアという悪印象がある。 いま、新世界で風変わりなマーケットが大にぎわいを見せている。 すべての商品に値札がなく、店と客が会話して値段を決めるのだ …

2017.04.30付け「編集手帳」要約

東西南北の北の比重大だった4月

2017年4月30日付け「編集手帳」要約 「読売新聞」という題号を決まるまでに、登場した案の一つに「東西南北」があった。 NEWSは、方角を示す四つの単語の頭文字を並べたものだという説がある。 北朝鮮 …