編集手帳

鏡を責めて見目麗しくなった政権はない

投稿日:2017年7月27日 更新日:

2017年7月27日付け「編集手帳」要約

ありのままに映しだされると不愉快になり、遠ざければ遠ざけたで結果はもっと芳しくない。
鏡は時に厄介なものである。
権力にとってメディアの存在は鏡に似ているかも知れない。
自民党の二階幹事長が、またメディア批判を開陳した。
「我々は料金を払って購読しているのだから、書く方も責任を持ってくださいよ」
「そんなこと(=世論の批判)に耳を貸さない」
〈つらが曲がっているのに、鏡をせめて何になろ…〉。
鏡を責めて見目麗しくなった政権はいない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.04.29付け「編集手帳」要約

右のポッケにあった夢は…

2017年4月29日付け「編集手帳」要約 13歳の美空ひばりさんが演じた映画『東京キッド』、 ♪右のポッケにゃ夢がある/左のポッケにチュウインガム…。 同名の主題歌に当時、生活に追われる身を励まされた …

2017.09.14付け「編集手帳」要約

いつの世にも変わらぬ鉄則

2017年9月14日付け「編集手帳」要約 1960年に当時の科学技術庁の監修で、40年先の科学技術を予測した『21世紀への階段』という本が出た。 その項目の一つに〈台風の家畜化〉がある。 21世紀には …

2017.10.08付け「編集手帳」要約

貸すも親切、貸さぬも親切

2017年10月8日付け「編集手帳」要約 1990年代、手軽に無人で契約できる機械の普及で、個人の借金が増え多重債務問題が起きた。 貸金業法改正を経て問題は沈静化に向かったが、今後、同じ問題が起きない …

2017.11.06付け「編集手帳」要約

原点に回帰してもらいたい

2017年11月6日付け「編集手帳」要約 神戸製鋼所の品質偽装事件は、仕様に合わないものをトクサイと称して出荷していた。 企業倫理綱領に反していたにもかかわらず、経営陣からも現場からも、出荷をやめさせ …

2017.04.15付け「編集手帳」要約

梅若の涙

2017年4月15日付け「編集手帳」要約 梅若伝説を人々は謡曲『隅田川』にして語り継いできた。 どの時代、どの親にとっても、身につまされる悲しい劇だったからにちがいない。 今年の「梅若忌」は、9歳の少 …