編集手帳

鏡を責めて見目麗しくなった政権はない

投稿日:2017年7月27日 更新日:

2017年7月27日付け「編集手帳」要約

ありのままに映しだされると不愉快になり、遠ざければ遠ざけたで結果はもっと芳しくない。
鏡は時に厄介なものである。
権力にとってメディアの存在は鏡に似ているかも知れない。
自民党の二階幹事長が、またメディア批判を開陳した。
「我々は料金を払って購読しているのだから、書く方も責任を持ってくださいよ」
「そんなこと(=世論の批判)に耳を貸さない」
〈つらが曲がっているのに、鏡をせめて何になろ…〉。
鏡を責めて見目麗しくなった政権はいない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.08.26付け「編集手帳」要約

子どもを誘い秋の気配を探そう

2017年8月26日付け「編集手帳」要約 夏休みを縮める動きが、公立の小中学校で広がりつつあるらしい。 大阪市の全小学校では1週間短縮、東京でも9月を待たずに休みを切り上げる学校が珍しくない。 「授業 …

2017.01.01付け「編集手帳」要約

目尻の1年になるといい

小欄は指の先で表情をこしらえる絵師に似た家業である。 心躍る出来事の目尻には微小のシワを畳み、 悲しい事件のおでこには憂いの八の字を刻み、 読者の胸の奥に並べていただく。 目尻の1年になるといい。 2 …

2017.09.30付け「編集手帳」要約

颶風一過はどうなっているのか

2017年9月30日付け「編集手帳」要約 内田百閒によると颱風よりも激しい暴風を「颶風」という。 今回政界を見舞った暴風雨は、颶風と呼ぶにふさわしかろう。 今回の風は、台風のように進路や規模が予測でき …

2017.01.16付け「編集手帳」要約

受けなかったギャグ

必死で考えたギャグは全く受けなかったが、 名キャラクター“アホの坂田”は何げない一言から生まれた。 それとは逆に、言葉一つで取り返しがつかなくなることもある。 「賭けないでマージャンをする人が世の中に …

2018.05.11付け「編集手帳」要約

心にとりつくのは何の念だろう

2018年5月11日付け「編集手帳」要約 きょうが忌日の萩原朔太郎の詩に次の一節がある。 〈記憶は雪のふるやうなもので/しづかに生活の過去につもるうれしさ〉 記憶は“つもる”もの。 それが自然だと思う …