編集手帳

チャタテムシの吐息が聞こえる

投稿日:2017年7月26日 更新日:

2017年7月26日付け「編集手帳」要約

「茶立虫」は脚をこすって湯の沸くような音を出す、体長が1ミリの小さな虫だ。
久しぶりチャタテムシの消息を聞いた。
埼玉県立小児医療センターの手術室や病室で百数十匹が見つかり、手術が中止になったという。
詩人・薄田泣菫は随筆に、〈静かで寂しみのあるもの〉を挙げている。
女の涙、青い月光の滴り、かぐわしい花と花の私語、そして何よりもこの虫の声だ、と。
明治は遠くなりにけり…と、チャタテムシの吐息が聞こえる。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.01.121付け「編集手帳」要約

相変わらず「大きな顔」

2018年1月12日付け「編集手帳」要約 「大きな顔をした人」は商売上、少々付き合いにくい。 だがひと昔前の不況の時、化粧品業界では「顔の大きい人」が歓迎されていたそうだ。 各社が続々と契約社員から正 …

2017.07.15付け「編集手帳」要約

口よ、脅しに屈するなかれ

2017年7月15日付け「編集手帳」要約 漢字を見て、成り立ちにあれこれと想像をめぐらすときがある。 〈口金〉目に留まった。 口をつぐむ動作を意味する字だという。 中国の民主化運動の象徴だった、劉暁波 …

2017.03.08付け「編集手帳」要約

のんびりしていた昔よカンバック!

2017年3月8日付け「編集手帳」要約 西部劇『シェーン』の一場面、町の雑貨屋で通信販売のカタログを開き注文する。 商品が馬車で届くまで、どのくらい待ったのだろう。 今や指先ひとつ、インターネット通販 …

2017.02.06付け「編集手帳」要約

小売業界の新しい工夫に挑む

様々な工夫を凝らして、客を引きつけてきた小売業界にネット起業がITで挑む。 米アマゾン・ドット・コムは、人工知能を活用した新しいコンビニを作った。 客が棚から商品を取って退店するとスマートフォンで決済 …

2017.04.09付け「編集手帳」要約

地域の目で邪悪な陰の接近を阻め

2017年4月9付け「編集手帳」要約 過去5年間に175万人の小学生が交通事故の犠牲になった。 春の全国交通安全運動が始まった。 歩行中の交通事故の被害は、全年齢の中でも小学生になって迎える7歳が突出 …