編集手帳

チャタテムシの吐息が聞こえる

投稿日:2017年7月26日 更新日:

2017年7月26日付け「編集手帳」要約

「茶立虫」は脚をこすって湯の沸くような音を出す、体長が1ミリの小さな虫だ。
久しぶりチャタテムシの消息を聞いた。
埼玉県立小児医療センターの手術室や病室で百数十匹が見つかり、手術が中止になったという。
詩人・薄田泣菫は随筆に、〈静かで寂しみのあるもの〉を挙げている。
女の涙、青い月光の滴り、かぐわしい花と花の私語、そして何よりもこの虫の声だ、と。
明治は遠くなりにけり…と、チャタテムシの吐息が聞こえる。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.05.18付け「編集手帳」要約

まだ63歳、早すぎる。

2018年5月18日付け「編集手帳」要約 『YOUNG MAN』は「外国の曲のカバーは日本で売れない」という反対を若さと情熱で押し切った。 その挑戦の成果は、お茶の間で幼児まで人文字になるほどの大ヒッ …

2017.03.09付け「編集手帳」要約

妖しい花のような女性

2017年3月9日付け「編集手帳」要約 阿部定は昭和史を彩る有名人ながら、この欄に登場したことがない。 久しぶりに紙面で名前をみた。 戦前の猟奇的な「阿部定事件」を想起さるドラマ、 『サヨナラ、きりた …

2017.04.11付け「編集手帳」要約

48年後

2017年4月11日付け「編集手帳」要約 科学の進歩は想像を超えている、だから48年後をあまり暗い顔で見つめることはすまい。 48年後、日本の人口は8808万人減少し、約4割が高齢者が占めるという。 …

2018.06.04付け「編集手帳」要約

名奉行は現れるだろうか

2018年6月4日付け「編集手帳」要約 江戸の南北の奉行所は、一ヶ月交代で窓口を開いた。 江戸の人々は南北のお奉行様を比べ、評判をささやき合った。 金さんや大岡越前が庶民に寄り添い、名奉行として後世に …

2018.05.30付け「編集手帳」要約

老いを直視する勇気が必要だ

2018年5月30日付け「編集手帳」要約 お年寄りを敬い、いたわる。 それが条件反射になるごとく啓蒙された身には、驚きを通り越して動揺さえ覚える。 茅ヶ崎市で90歳の高齢者ドライバーが起こした死亡事故 …