編集手帳

チャタテムシの吐息が聞こえる

投稿日:2017年7月26日 更新日:

2017年7月26日付け「編集手帳」要約

「茶立虫」は脚をこすって湯の沸くような音を出す、体長が1ミリの小さな虫だ。
久しぶりチャタテムシの消息を聞いた。
埼玉県立小児医療センターの手術室や病室で百数十匹が見つかり、手術が中止になったという。
詩人・薄田泣菫は随筆に、〈静かで寂しみのあるもの〉を挙げている。
女の涙、青い月光の滴り、かぐわしい花と花の私語、そして何よりもこの虫の声だ、と。
明治は遠くなりにけり…と、チャタテムシの吐息が聞こえる。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.01.05付け「編集手帳」要約

びっくり箱の蓋がひらく

米国の経済界では、株主が四半期ごとの成果を求める。 そのため経営者は短期の損得勘定にことのほか敏感だと聞く。 大統領と国務長官がそろって政治・外交経験のない「トランプ政権」が、 まもなく米国に誕生する …

2017.06.07付け「編集手帳」要約

受話器を握りしめ天に祈ったろう

2017年6月7日付け「編集手帳」要約 小型飛行機が墜落した事故で亡くなった4人のうちの一人、川西勝基さんの記事を読んだ。 墜落し、警察に連絡し、身動きがとれないことを父親の均さんに電話で伝えた。 「 …

2018.09.07付け「編集手帳」要約

山の恵みを忘れそうになる

2018年9月7日付け「編集手帳」要約 北海道厚真町で広範囲におよぶ山崩れが発生した。 多くの方が奇観に目を疑ったことだろう。 山という山が尾根の部分にわずかに緑を残し、赤茶けた山肌をさらした。 未明 …

2017.08.01付け「編集手帳」要約

稲葉ジャンプに震える日を待つ

2017年8月1日付け「編集手帳」要約 えにしの糸とは不思議なもである。 稲葉篤紀さんは、大学4年間で6本しか本塁打がない。 うち明大戦で放った2試合連続アーチを、たまたま野村克也氏が見ていた。 プロ …

2017.02.25付け「編集手帳」要約

ゲームの音色はどう変わる

2017年2月25日付け「編集手帳」要約 巨人の江川はライバル、阪神の掛布に対して無茶苦茶速いボールで敬遠した。 阪急のダリル・スペンサーは敬遠攻めに怒り、バットを上下逆さまに持って打席に立った。 敬 …