編集手帳

歴史の娘が亡くなった

投稿日:2017年7月25日 更新日:

2017年7月25日付け「編集手帳」要約

評論家犬飼道子さん。
祖父犬飼毅が「五・一五事件」で暗殺され、父・健氏が「ゾルゲ事件」の疑いで逮捕された。
難民の支援活動などで見せた不屈の意思は、昭和史が家族に見舞った不幸の中で育まれたのだろう。
犬飼さんが96歳で亡くなった。
誰が名付けたか、その呼び名が声ほど似つかわしい人もいない。
〈歴史の娘〉という。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.03.03付け「編集手帳」要約

一緒に来ない列島の春を思う

2018年3月3日付け「編集手帳」要約 近畿、東海、関東で春一番が吹き、東京都心では最高気温が20.3度となった。 かと思えば、北海道や東北は低気圧の発達で暴風雪に見舞われている。 苫小牧市でエゾジカ …

2017.10.18付け「編集手帳」要約

切符は何枚になったでしょう

2017年10月18日付け「編集手帳」要約 すべての国立大学が2020年度から、共通テストに英検などの民間試験を併用することを決めた。 〈話す力〉をより重視する。 読み書きはできても会話にまごつく旧世 …

2017.09.14付け「編集手帳」要約

いつの世にも変わらぬ鉄則

2017年9月14日付け「編集手帳」要約 1960年に当時の科学技術庁の監修で、40年先の科学技術を予測した『21世紀への階段』という本が出た。 その項目の一つに〈台風の家畜化〉がある。 21世紀には …

2017.08.31付け「編集手帳」要約

平和を守る決意が試される

2017年8月31日付け「編集手帳」要約 8月、年々歳々巡り来て日本人は〈愚かな戦争をしたこと〉に思いを致し、平和の2文字を胸に刻む。 今年は、例年と違う8月だった。 いまも〈愚かさを見せている人間の …

2017.04.21付け「編集手帳」要約

彫心鏤骨に生きた姿を胸に刻む

2017年4月21日付け「編集手帳」要約 尾崎紅葉は推敲に骨身を削り、死の間際まで文学者として誠実であろうとした人だった。 代表作『金色夜叉』の連載が始まったのは1897年(明治30年)の正月、今年で …