編集手帳

水中遺跡の保護の理解を

投稿日:2017年7月24日 更新日:

2017年7月24日付け「編集手帳」要約

日本には、387の水中遺跡が確認されている。
しかし、諸外国と比べ、保護体制の遅れも指摘されている。
文化庁の有識者会議は、水中遺跡保護のあり方についての提言を年度内にまとめるという。
ナポリ郊外の海底考古学公園では、スキューバ−ダイバーなら潜って見学ができる。
冒険小説の再現であれば、理解は一層深まるだろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.10.16付け「編集手帳」要約

三都物語の評判は

2017年10月16日付け「編集手帳」要約 東京と大阪、愛知3都府県が連携する「三都物語」の評判はどうだろう。 3都府県の経済規模は全国の3割を占める。 成長のエンジン役を果たす決意は頼もしい。 一方 …

2017.07.11付け「編集手帳」要約

遠くからそっと見守るのがいい

2017年7月11日付け「編集手帳」要約 「海の正倉院」と呼ばれる沖ノ島が、世界遺産の文化遺産のリストに加わる。 封を施さずとも秘宝が守られたのは一木一草一石たりとも持ち出せず、立ち入りが厳しく制限さ …

2018.03.25付け「編集手帳」要約

笑顔がゆっくりと列島を北上する

2018年3月25日付け「編集手帳」要約 東日本大震災の記憶を伝えるために、宮城県の主婦らが毎春、津波到達地点で浪速桜を植樹している。 寿命が長く土地に根付けば、1000年でも花を咲かせるのだという。 …

2018.01.26付け「編集手帳」要約

カラフルな背中が春近しと思わせる

2018年1月26日付け「編集手帳」要約 千葉県立農業大学校が「飛べないテントウムシ」を商品化し、農家への販売を始めるという。 野菜作りに大敵なアブラムシを1日100匹ほおばる大食漢で、農薬代わりにな …

2018.01.24付け「編集手帳」要約

しがらみがなかったか

2018年1月24日付け「編集手帳」要約 草津白根山が噴火し、スキー場に噴石が降り注いだ。 死傷者は十数人にのぼる。 草津町とスキー場は住民や観光客の避難誘導計画を策定していなかった。 観光や誘客とい …