編集手帳

夏休みの終わりは大海の水平線

投稿日:2017年7月23日 更新日:

2017年7月23日付け「編集手帳」要約

各地の小中学校で先週、終業式が行われた。
この時期の子供にとっての休みの終わりは大海の水平線のようなものだろう。
子供の学力向上を旗印に、授業日数増加の方針を打出した自治体が静岡県にある。
夏休みの大幅な短縮も念頭に置くという。
動きの広がり次第で人が夏休みに抱く心持ちも変わってこよう。
誰の胸中にもある追憶の海は、海のままであり続けるだろうか。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.10.25付け「編集手帳」要約

チンピンとは俺のことかとジンピン言い

2017年10月25日付け「編集手帳」要約 〈ギョーテとは俺のことかとゲーテ言い〉 外国の発音を片仮名に置き換えるのは難しい。 ゲーテは当初29通りの表記が見られたという。 それに比べると習近平国家主 …

2017.02.08付け「編集手帳」要約

ウソついたら針千本のーます

きょうは「針供養」の日。 昔は女房のへそくりの隠し場所となっていた針箱だが、 当節、隠れているものがるとすれば、祖母や母親にまつわる思い出かもしれない。 「指切りげんまん・・・」も、針箱の中に隠れてい …

2017.08.27付け「編集手帳」要約

『レモン林』に、胸を突かれる

2017年8月27日付け「編集手帳」要約 小笠原諸島・父島に『レモン林』という小笠原民謡がある。 〈レモン林の甘い香りの中で キッスをしたのをお月様が見てた〉 父島は、日本とミクロネシアとの中継点とし …

2017.10.13付け「編集手帳」要約

そもそもの議論はどうなった

2017年10月13日付け「編集手帳」要約 大磯町の「まずい給食」問題が決着するという。 町は業者との契約を解除する。 毛髪混入など異次元の浮上でかき消えたが、そもそもの議論はどうなったろう。 味が薄 …

2017.11.26付け「編集手帳」要約

味わいを末永く楽しむため

2017年11月26日付け「編集手帳」要約 大西洋のクロマグロは、乱獲で激減したが、その後の各国で漁を減らし数が回復した。 一方、太平洋では今も現象が深刻だ。 大西洋からの供給が戻るうちに、太平洋で厳 …