編集手帳

夏休みの終わりは大海の水平線

投稿日:2017年7月23日 更新日:

2017年7月23日付け「編集手帳」要約

各地の小中学校で先週、終業式が行われた。
この時期の子供にとっての休みの終わりは大海の水平線のようなものだろう。
子供の学力向上を旗印に、授業日数増加の方針を打出した自治体が静岡県にある。
夏休みの大幅な短縮も念頭に置くという。
動きの広がり次第で人が夏休みに抱く心持ちも変わってこよう。
誰の胸中にもある追憶の海は、海のままであり続けるだろうか。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.04.29付け「編集手帳」要約

すさまじい勢いで広がる見聞録

2018年4月29日付け「編集手帳」要約 碾茶生産で国内トップの和束町は緑の畝が延々と続き、茶源郷と銘打ってPRする。 この明媚な景観を目当てに、昨年度は海外から4000人余りが訪れた。 抹茶の甘みが …

2018.05.19付け「編集手帳」要約

ヒューマンストーリーに欠ける騒ぎ

2018年5月19日付け「編集手帳」要約 アメリカンフットボールの試合で無防備な相手にタックルを仕掛ける映像。 なぜそこまで獰猛になったのか。 日大の説明がすっきりしない。 まるで学生の勝手な勘違いで …

2018.08.06付け「編集手帳」要約

悲しみが日付の並びに浮かぶ

2018年8月6日付け「編集手帳」要約 今年は終戦の年、1945年とすべての日付と曜日が同じになる年である。 広島原爆忌を迎えたきょう、同じ月曜日だった。 折免滋さん(当時13歳)が犠牲になり、母のシ …

2018.04.04付け「編集手帳」要約

何とも不思議だ

2018年4月4日付け「編集手帳」要約 「土佐日記」は千年前の様子が書き留められ、今も受け継がれている日記である。 だが、現代にはいともあっさり行方不明になる日記がある。 国会で「ない」とされていた陸 …

2018.09.09付け「編集手帳」要約

備えれば最悪はきっと避けられる

2018年9月9日付け「編集手帳」要約 大自然の前で、人はどれほどちっぽけで無力化。 自明の理を改めて思い出す。 多数の犠牲者が出た痛ましい記憶などは意識の外にあるものだ。 けれど、その日が再び来ない …