編集手帳

昭和時代の栞のような人

投稿日:2017年7月21日 更新日:

2017年7月21日付け「編集手帳」要約

小学校の教室で、高視聴率の伝説が残る連続テレビ小説『おはなはん』を毎日見ることになった。
その主題歌を作曲した小川寛興さんが92歳で亡くなった。
『月光仮面は誰でしょう』『さよならはダンスの後に』『虹色の湖』
その歌が流れたとき、どこにいて、何をしていたか。
メロディーを聞けば人生という日記帳の、過去のページがたちまち開く。
昭和時代の栞のような人である。
「何の勉強になるの?」
私たち、ヤボな質問をしていましたね、S先生。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.06.20付け「編集手帳」要約

裏切られた悪筆伝説の理由

2017年6月20日付け「編集手帳」要約 文藝春秋の社長を務めた池島信平氏は若い頃、編集者として、悪筆で名高い長谷川伸を担当した。 その直筆原稿が自宅に現存しているという記事を見て、おやと思った。 ち …

2017.02.06付け「編集手帳」要約

小売業界の新しい工夫に挑む

様々な工夫を凝らして、客を引きつけてきた小売業界にネット起業がITで挑む。 米アマゾン・ドット・コムは、人工知能を活用した新しいコンビニを作った。 客が棚から商品を取って退店するとスマートフォンで決済 …

2018.02.15付け「編集手帳」要約

心の使い方が歪んでいる五輪

2018年2月15日付け「編集手帳」要約 〈我も又重き荷負わせし一人ならむ許したまえよ高梨沙羅よ〉 4年前の4位から、平昌五輪で銅メダルをとった高梨選手の笑顔は、観戦した人にまぶしく映る。 五輪に限ら …

2018.01.26付け「編集手帳」要約

カラフルな背中が春近しと思わせる

2018年1月26日付け「編集手帳」要約 千葉県立農業大学校が「飛べないテントウムシ」を商品化し、農家への販売を始めるという。 野菜作りに大敵なアブラムシを1日100匹ほおばる大食漢で、農薬代わりにな …

2018.03.12付け「編集手帳」要約

風評被害払拭のための地道な取組

2018年3月12日付け「編集手帳」要約 福島県二本松市で農業を営む斉藤登さんは、風評との戦いを続けている。 震災直後から首都圏などでの直販やネット販売を続け、売上も伸びている。 その一方で、依然とし …