編集手帳

昭和時代の栞のような人

投稿日:2017年7月21日 更新日:

2017年7月21日付け「編集手帳」要約

小学校の教室で、高視聴率の伝説が残る連続テレビ小説『おはなはん』を毎日見ることになった。
その主題歌を作曲した小川寛興さんが92歳で亡くなった。
『月光仮面は誰でしょう』『さよならはダンスの後に』『虹色の湖』
その歌が流れたとき、どこにいて、何をしていたか。
メロディーを聞けば人生という日記帳の、過去のページがたちまち開く。
昭和時代の栞のような人である。
「何の勉強になるの?」
私たち、ヤボな質問をしていましたね、S先生。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.11.25付け「編集手帳」要約

その国名が変わらないことを祈る

2017年11月29日付け「編集手帳」要約 『スティール・キス』(ジェフリー・ディーヴァー著)の中に、事故原因についてこんなセリフがある。 「…中国製のねじが、基準を満たさない金属で出来ているのかもし …

2018.10.03付け「編集手帳」要約

好奇心なら僕にもある

2018年10月3日付け「編集手帳」要約 京大特別教授、本庶佑さんにノーベル生理学・医学賞が送られることが決まった。 基礎研究は、はじめはどんな価値があるかわからない場合が多い。 結局自分な何も学んで …

2018.08.12付け「編集手帳」要約

安心して下さいと綴れる日が早く来い

2018年8月12日付け「編集手帳」要約 松江市の南部、旧揖屋町には黄泉比良坂の当該地を示す石碑が立つ。 そこに置かれたポストには、天国に向けた手紙、の投函が相次いでいるという。 それと同じ言葉が今、 …

2017.09.18付け「編集手帳』要約

中国はバトンパスを誤るな

2017年9月18日付け「編集手帳」要約 バトンパスは、個々の走者の走力を上回る結果を生むこともあれば、減速や失格のリスクも潜む。 中国の最高指導部を刷新する、5年に1度の共産党大会の開幕が1か月後に …

2018.12.25付け「編集手帳」要約

うらやましい第二の人生

2018年12月25日付け「編集手帳」要約 秋田芳通さんは北海道中央部の鹿追町で、山村留学生のお世話をしている。 それだけでなく、首都圏や関西をPRに行脚する。 留学は学校の存続に寄与しただけでない。 …