編集手帳

色鮮やかに感じられない梅雨明け

投稿日:2017年7月20日 更新日:

2017年7月20日付け「編集手帳」要約

きのう、西は中国、四国から、東は関東甲信の各地方にかけて、梅雨が明けた。
例年であれば、白波五人男『浜松屋店先の場』の弁天小僧が片肌を脱ぐ場面のように、色彩の変化を感じるが。
いつもの年ほど鮮やかに感じられないのはなぜだろう。
首都圏に雨の少ない梅雨だったこともあるが、九州北部を襲った豪雨の傷跡が生々しく、夏本番をうたう気分になれないせいかも知れない。
降水量といい、気温といい、何やら“節度”のタガが外れてしまったらしい気象の行方である。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.04.06付け「編集手帳」要約

神は関係ない

2018年4月6日付け「編集手帳」要約 大相撲の八角理事長がまたも謝罪する問題が起きた。 春巡業中に舞鶴市長があいさつ中に倒れ、応急処置のため土俵に上がった女性に土俵からから降りるようアナウンスが流れ …

2017.09.14付け「編集手帳」要約

いつの世にも変わらぬ鉄則

2017年9月14日付け「編集手帳」要約 1960年に当時の科学技術庁の監修で、40年先の科学技術を予測した『21世紀への階段』という本が出た。 その項目の一つに〈台風の家畜化〉がある。 21世紀には …

2017.04.14付け「編集手帳」要約

兄貴分の貫禄の見せどころ

2017年4月14日付け「編集手帳」要約 ならず者然とした北朝鮮と、その兄貴分として後ろ盾になってきた中国の関係。 「七三の兄弟分」「四分六の兄弟分」と任侠映画に例えるなら、 どの程度の関係なのだろう …

2018.05.05付け「編集手帳」要約

複雑で簡単に解決できない問題

2018年5月5日付け「編集手帳」要約 『かがみの孤城』(辻村深月)は、いじめで不登校になった中学生の物語だ。 痛みの形は違うから、複雑なことを複雑のまま描かれている。 2019年度から中学で道徳が教 …

2017.12.08付け「編集手帳』要約

国際社会が震撼する公約の実行

2017年12月8日付け「編集手帳」要約 トランプ大統領がまたひとつ公約を果たした。 「エルサレムをイスラエルの首都と認める」との宣言に、国際社会が震撼する。 中東和平が崩壊しないか、テロを誘発しない …