編集手帳

教訓、空振りを厭わぬ姿勢

投稿日:2017年7月16日 更新日:

2017年7月16日「編集手帳」要約

文学者で野鳥研究家の中西悟堂は雷が嫌いだった。
遠くで鳴り始めると、西荻窪から電車に乗り、新宿の地下道に逃げ込んだ。
ご苦労な話ではあるが、落雷を受け鯱の多くの部分が消えた犬山城の写真を見るとそれほどの愚行とは思えない。
音が遠くでも落雷は起きうる。
家を飛び出た悟道は軽率だが、空振りを厭わぬ姿勢は貴重だ。
昨今の教訓に垂らして思う。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.07.20付け「編集手帳」要約

こんなこと書かせてはだめだ

2018年7月20日付け「編集手帳」要約 船戸結愛ちゃんの事件を受けて、政府は全国の児童相談所で虐待に対応する児童福祉司を約2000人増員するという。 子供たちが、悲しい物語に落とし込まれているのを見 …

2017.04.19付け「編集手帳」要約

腹の中が火事コだろう

2017年4月19日付け「編集手帳」要約 棟方志功は自分の作品を「板画」と称した。 神奈川県の所蔵する作品『宇宙讃(神奈雅和の柵)』が何者かにより、 カラーコビーの偽物にすり替わっていたという。 3年 …

2017.12.04付け「編集手帳」要約

日本文化の新たな発信へ

2017年12月4日付け「編集手帳」要約 三重大の大学院が、来年度「忍者・忍術学」を新設するという。 なんともユニークである。 「息長」と呼ばれる呼吸法を医学的に解析したり。 「兵糧丸」を江戸時代の忍 …

2017.03.07付け「編集手帳」要約

“三尺もの”の幕切れ

2017年3月7日付け「編集手帳」要約 きのうの朝、北朝鮮が弾道ミサイル4発を日本海に向けて発射した。 奇襲能力を見せつけ、米国との交渉力を高める“賽の目”に賭けた丁半勝負だとすれば、愚行の極みである …

2017.04.05付け「編集手帳」要約

世に不届き者の種は尽きまじ

2017年4月5日付け「編集手帳」要約 世に不届き者の種は尽きまじ。 無理な格安商法で破綻した旅行会社「てるみくらぶ」である。 破産手続きに入る直前まで客を募るとは、どういう神経だろう。 被害者がダル …