編集手帳

教訓、空振りを厭わぬ姿勢

投稿日:2017年7月16日 更新日:

2017年7月16日「編集手帳」要約

文学者で野鳥研究家の中西悟堂は雷が嫌いだった。
遠くで鳴り始めると、西荻窪から電車に乗り、新宿の地下道に逃げ込んだ。
ご苦労な話ではあるが、落雷を受け鯱の多くの部分が消えた犬山城の写真を見るとそれほどの愚行とは思えない。
音が遠くでも落雷は起きうる。
家を飛び出た悟道は軽率だが、空振りを厭わぬ姿勢は貴重だ。
昨今の教訓に垂らして思う。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.11.25付け「編集手帳」要約

その国名が変わらないことを祈る

2017年11月29日付け「編集手帳」要約 『スティール・キス』(ジェフリー・ディーヴァー著)の中に、事故原因についてこんなセリフがある。 「…中国製のねじが、基準を満たさない金属で出来ているのかもし …

2018.07.30付け「編集手帳」要約

立場ある人がおとしめてどうする

2018年7月30日付け「編集手帳」要約 タイ北部の洞窟に閉じ込められた少年らの救出劇に、実は日本も一役買っていた。 JAXAの観測衛星「だいち2号」が、現地の精密な地形図を撮影してタイ政府に提供した …

2018.10.13付け「編集手帳」要約

秘密基地を知られた時の喪失感

2018年10月13日付け「編集手帳」要約 「秘密基地」は世界の共通語であるらしい。 『トム・ソーヤの冒険』は洞窟のなか、 『スタンド・バイ・ミー』は木の上の小屋だった。 松井大阪府知事は、公用車がそ …

2018.06.21付け「編集手帳」要約

次の短夜はいつだろう

2018年6月21日付け「編集手帳」要約 きょう北半球で一年のうち最も夜の短い夏至を迎えたから…そればかりではない。 サッカーW杯ロシア大会で日本代表の初戦勝利に列島が沸き返っている。 夜を短く感じる …

2018.06.03付け「編集手帳」要約

きれい事でない本音を聞きたい

2018年6月3日付け「編集手帳」要約 失敗の許されぬ社会実験に逡巡や葛藤がなかったのか、胸のうちを訪ねてみたい。 壱岐諸島の海士町で16年町長を務めた山内道雄さんである。 地方創生の成功例として改革 …