編集手帳

教訓、空振りを厭わぬ姿勢

投稿日:2017年7月16日 更新日:

2017年7月16日「編集手帳」要約

文学者で野鳥研究家の中西悟堂は雷が嫌いだった。
遠くで鳴り始めると、西荻窪から電車に乗り、新宿の地下道に逃げ込んだ。
ご苦労な話ではあるが、落雷を受け鯱の多くの部分が消えた犬山城の写真を見るとそれほどの愚行とは思えない。
音が遠くでも落雷は起きうる。
家を飛び出た悟道は軽率だが、空振りを厭わぬ姿勢は貴重だ。
昨今の教訓に垂らして思う。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.10.22付け「編集手帳」要約

自らの1票で国を動かす意思があるか

2017年10月22日付け「編集手帳」要約 7月に亡くなった平尾昌晃さんの曲『星は何でも知っている』。 星は恋をお見通しだが、何もせずに見守るだけだ。 それは星を掲げた国旗を持つ、中国、北朝鮮、米国で …

2018.08.24付け「編集手帳」要約

ムコ殿は気が優しくて力持ち

2018年8月24日付け「編集手帳」要約 『必殺仕事人』でおなじみの菅井きんさんが92歳で亡くなった。 訃報に、「ムコ殿!」とつぶやいてみた方もおいでかもしれない。 名脇役の勲章だろう、出演歴の多さに …

2018.06.04付け「編集手帳」要約

名奉行は現れるだろうか

2018年6月4日付け「編集手帳」要約 江戸の南北の奉行所は、一ヶ月交代で窓口を開いた。 江戸の人々は南北のお奉行様を比べ、評判をささやき合った。 金さんや大岡越前が庶民に寄り添い、名奉行として後世に …

2018.08.18付け「編集手帳」要約

もう対懣はよしましょう

2018年8月18日付け「編集手帳」要約 〈タイマンをはる〉の語源は雑学本によると古代中国の「対懣」とされている。 だが。中国の文献では見かけることはなくちょっと怪しい。 東シナ海に設ける禁漁期が今年 …

2017.03.22付け「編集手帳」要約

本日天気晴朗ナラズシテ浪高シ

2017年3月22日付け「編集手帳」要約 日露戦争の日本海海戦を勝利に導いた作戦参謀・秋山真之。 大局を知れば十分と、戦闘中に双眼鏡をのぞかなかった。 石原慎太郎氏もこの流儀か。 百条委員会で「記憶に …