編集手帳

教訓、空振りを厭わぬ姿勢

投稿日:2017年7月16日 更新日:

2017年7月16日「編集手帳」要約

文学者で野鳥研究家の中西悟堂は雷が嫌いだった。
遠くで鳴り始めると、西荻窪から電車に乗り、新宿の地下道に逃げ込んだ。
ご苦労な話ではあるが、落雷を受け鯱の多くの部分が消えた犬山城の写真を見るとそれほどの愚行とは思えない。
音が遠くでも落雷は起きうる。
家を飛び出た悟道は軽率だが、空振りを厭わぬ姿勢は貴重だ。
昨今の教訓に垂らして思う。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.03.01付け「編集手帳」要約

〈胸〉派のカズと〈腹〉派の…

2017年3月1日付け「編集手帳」要約 「一番若いときは、アゴで走るんです。次は胸から。その次は膝から。最後は腰から走る」 名優・杉村春子さんが娘役から老人役を演じる時の走る演技のコツを語っていた。 …

2018.01.30付け「編集手帳」要約

上の空だった経営者

2018年1月30日付け「編集手帳」要約 あすの31日の夜は皆既月食。 世間の憂さや騒動を忘れてぼんやりとしたいが、引きずる事件がある。 仮想通貨の取引会社の顧客の資産の流失事件である。 いったい何が …

2018.05.28付け「編集手帳」要約

歓喜が日本一円に広がるよう望む

2018年5月28日付け「編集手帳」要約 サッカー日本代表前監督ハリルホジッチ氏が協会を訴えた。 謝罪を求めた、賠償額は「1円」だという。 何より名誉回復を重んじるということなのだろう。 W杯の最終メ …

2018.04.20付け「編集手帳」要約

国は範を示すことができないようだ

2018年4月20日付け「編集手帳」要約 財務省の福田淳一次官がセクハラ疑惑で辞任を表明した。 理由は騒ぎで職務を果たすことが難しくなったからで、疑惑は否定している。 非を認めないことがさらに嫌がらせ …

2018.01.24付け「編集手帳」要約

しがらみがなかったか

2018年1月24日付け「編集手帳」要約 草津白根山が噴火し、スキー場に噴石が降り注いだ。 死傷者は十数人にのぼる。 草津町とスキー場は住民や観光客の避難誘導計画を策定していなかった。 観光や誘客とい …