編集手帳

川村・東電丸には荒海が待っている

投稿日:2017年7月10日 更新日:

2017年7月10日付け「編集手帳」要約

リーマン・ショックで経営危機に陥った日立を再建した川村隆氏が先月、東京電力の会長に就任した。
原発事故対応の重責を担うのは、日立再建を引き受けた際の〈緊急時にこそ、最終責任を取る〉との信条からだろう。
川村氏が“再生”東電丸をどう浸水させ、経営のバトンを次世代に引き継ぐか。荒海が待っている。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.12.22付け「編集手帳」要約

月で働く時代が近づく

2017年12月22日付け「編集手帳」要約 トランプ大統領が先ごろ、有人月探査を再開すると発表した。 月を周回する宇宙基地を作り、そこを足場に月に人を送り込む。 月探査には中国も並々ならぬ意欲を示す。 …

2018.11.30付け「編集手帳」要約

ウソであった方がほっとする

2018年11月30日付け「編集手帳」要約 「科学懐疑主義」 すごいすごいと感心する前に、ちょっと待てよと疑う姿勢のことだ。 賀建奎氏が質問に応える様子をテレビで見た。 人の受精卵に遺伝情報をを変える …

2018.03.09付け「編集手帳」要約

児相は普通の人のように騙されるな

2018年3月9日付け「編集手帳」要約 虐待を疑って昨年警察が児童相談所へ通告した件数が、過去最多となった。 この数だけ虐待が収束したというわけではない。 子供はかわいがるものであって、痛めつける大人 …

2018.05.25付け「編集手帳」要約

心の重荷を背負わせる師

2018年5月25日付け「編集手帳」要約 寺田寅彦は熊本五高時代、英語教師、夏目金之助と運命の出会いをする。 当時俳人として有名だった先生から俳句の講釈をたっぷり聞いて帰った。 のちの東京の漱石邸には …

2017.02.03付け「編集手帳」要約

誉められめい

下から読むのは言葉遊びのイロハ。 自分の名を下から読んだのは、歌人の“言葉の魔術師”塚本邦雄さんである。 〈鬼来とも勝つ〉。 きょうの節分、豆で追い払いたい鬼は人それぞれだろう。 明けてあすは立春であ …