編集手帳

「似顔絵捜査官」の志に幸あれ

投稿日:2017年7月8日 更新日:

2017年7月8日「編集手帳」要約

デジタル全盛の今も犯罪の現場では、モンタージュ写真より手書きの似顔絵が活躍していると聞く。
芸大卒の異色の肩書を持つ渡部慶太巡査長。
交番に勤務しながら「似顔絵捜査官」になるべく腕を磨いているという。
〈美術は理想に迫れば迫るほど美しく、工芸は現実に交われば交わるほど美しい〉(柳宗悦)。
目指すのは、犯罪という現実に交わる工芸家だろう。
その志に幸あれ。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.03.12付け「編集手帳」要約

希望に向かってあと何日と数える

2017年3月12日付け「編集手帳」要約 希望があれば、今日の日付を起点にあと何日と指折り数えることが出来る。 東日本大震災の新しい復興住宅に移り住んだ人々から、 「仮設はよかった」という声がもれる。 …

2017.02.15付け「編集手帳」要約

破廉恥という隣人がいる

国語辞典に収められた言葉には、ときに奇妙な隣人がいる。 【新郎】は【心労】と【塵労】に挟まれている。 なにも隣同士グルになって誰かを泣かせることはなかろう。 福岡県警の巡査部長(40)が既婚者であるこ …

2017.02.09付け「編集手帳」要約

一瞬の隠れ家と別れの頃合い

音楽の才能に恵まれた人は、電線が五線紙に見えるそうだ。 恵まれぬ身には、あやとりの収拾がつかなくなった毛糸を思い出すぐらいだ。 先日、無電柱か推進法が施行された。 景観や、災害時の電柱の倒壊による救出 …

2018.06.19付け「編集手帳」要約

だまし絵に似ている

2018年6月19日付け「編集手帳」要約 高槻市で小学4年の三宅璃奈さんが小学校のブロック塀の下敷きになり亡くなった。 ブロック塀は建築基準法に違反していたという。 塀には緑の枝を広げる樹木が何本か描 …

2017.05.21付け「編集手帳」要約

ときに古い記憶を呼び覚ます

2017年5月21日付け「編集手帳」要約 〈作新学院の江川投手の快速球を待つ非力な打者〉 圧倒的な強者の比喩として、井上ひさしさんが使っていた。 早稲田実業の清宮幸太郎選手はそれに匹敵する注目度と言え …