編集手帳

「似顔絵捜査官」の志に幸あれ

投稿日:2017年7月8日 更新日:

2017年7月8日「編集手帳」要約

デジタル全盛の今も犯罪の現場では、モンタージュ写真より手書きの似顔絵が活躍していると聞く。
芸大卒の異色の肩書を持つ渡部慶太巡査長。
交番に勤務しながら「似顔絵捜査官」になるべく腕を磨いているという。
〈美術は理想に迫れば迫るほど美しく、工芸は現実に交われば交わるほど美しい〉(柳宗悦)。
目指すのは、犯罪という現実に交わる工芸家だろう。
その志に幸あれ。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.10.05付け「編集手帳」要約

その花は誰のために何を伝えるだろう

2017年10月5日付け「編集手帳」要約 東京・大手町の小社の屋上で社会部のY記者が育てたヒマワリが大輪を広げた。 6年前交通事故で亡くなった当時4歳の東陽大ちゃんは幼稚園で育てていた。 その種が母の …

2017.03.24付け「編集手帳」要約

“真”はどっちだ

2017年3月24日付け「編集手帳」要約 「確かにもらった」と語る、籠池氏の物語。 「渡していない」と安倍昭恵首相夫人の物語。 “真”はどっちだろう。 あった事実は証明できても、なかった事実は証明しに …

2018.02.03付け「編集手帳」要約

汚名挽回になっていないか

2018年2月3日付け「編集手帳」要約 「汚名挽回」、世間に広がった誤用の典型例だ。 汚名を引き戻すことになってはおかしい、何も回復しない。 角界が依然、落ち着かない。 貴乃花親方のやることなすこと「 …

2017.07.13付け「編集手帳」要約

昔は立派な父親がいた

2017年7月13日付け「編集手帳」要約 「うたのおばさん」として親しまれる童謡歌手、安西愛子さんの訃報に接し、 国語学者・金田一晴彦さんの失恋談義を読み返している。 旧制浦和高校の時、帰省の際に出会 …

2018.01.20付け「編集手帳」要約

国民的辞書であることの証明

2018年1月20日付け「編集手帳」要約 岩波書店「広辞苑」第7版に相次いで誤りが見つかっている。 新版で追加された1万語の一部だが、発見のスピードに少々驚く。 12日に発売されたばかりである。 辞書 …