編集手帳

“命”という一文字が胸に痛い七夕

投稿日:2017年7月7日 更新日:

2017年7月7日付け「編集手帳」要約

耳で聞いて、すぐには漢字が思いつかないときがある。
七夕の前日に降る雨「洗車雨」を「戦車雨」と浮かんだことがある。
5日から九州北部を襲った記録的な豪雨は、まさに“戦車雨”であった。
顔も名前も存じ上げない、どなたかの命。
一文字が、これほど胸に痛い七夕は記憶にない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.02.04付け「編集手帳」要約

見え隠れで話題になる

「関東の富士見百景」233地点のうち、少なくとも6地点で眺望が失われたという。 江戸時代の、歌川広重の浮世絵「する賀てふ」。 大正期の川柳、〈駿河町広重の見た富士が見え〉。 見えて話題になり、隠れて話 …

2018.04.24付け「編集手帳」要約

道理を述べた寅さんの勘違い

2018年4月24日付け「編集手帳」要約 〈朝(あした)に道を聞かば、夕べに死すとも可なり〉 朝(あさ)どう生きるかを悟れば、夕方に死んでも後悔はない−との意味だ。 だが、寅さんは「明日道を聞こうとし …

2018.03.30付け「編集手帳」要約

色紙に何を書くだろう

2018年3月30日付け「編集手帳」要約 〈勝つことはえらいことだ〉、戦後初の名人として将棋史に名を刻む塚田正夫の一文である。 単純なだけに胸に響くものがある。 負けを知り、悔しさを知り、もだえながら …

2017.06.23付け「編集手帳」要約

歳月を経てもまぶしい存在

2017年6月23日付け「編集手帳」要約 「街には『ーー』が流れていた」 と、いう紋切り型の言い回しがあるが、実際に街を歩いて耳にすることはない。 だが石原裕次郎さんの歌は本当に街頭で聞こえたらしい。 …

2017.05.10付け「編集手帳」要約

亀の霊力で火を止めて欲しい

2017年5月10日付け「編集手帳」要約 「龝」の字は、歌舞伎などでは「千穐楽」と、「火」を嫌い、めでたい「亀」のある穐を用いる。 東北地方で山林火災が相次いている。 避難した住民の方はおそらく、不安 …