編集手帳

“命”という一文字が胸に痛い七夕

投稿日:2017年7月7日 更新日:

2017年7月7日付け「編集手帳」要約

耳で聞いて、すぐには漢字が思いつかないときがある。
七夕の前日に降る雨「洗車雨」を「戦車雨」と浮かんだことがある。
5日から九州北部を襲った記録的な豪雨は、まさに“戦車雨”であった。
顔も名前も存じ上げない、どなたかの命。
一文字が、これほど胸に痛い七夕は記憶にない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.06.04付け「編集手帳」要約

いまもかなり変

2016年6月4日付け「編集手帳」要約 戦前の昭和には、縁談相手の成績を学校へ行って見せてもらうことは珍しい話ではなかった。 個人情報保護法の全面施行後、交通事故の被害者の家族が病院に様態を尋ねたとこ …

2018.04.05付け「編集手帳」要約

夕焼けが好きな子供を増やした

2018年4月5日付け「編集手帳」要約 鶴田浩二さんは貧しかった幼年時代を一言でこう語った。 「私は夕焼けの嫌いな子供でした」 友達と別れて帰る家で温かい食事が待つことはなかった。 今の貧困家庭に育つ …

2018.03.03付け「編集手帳」要約

一緒に来ない列島の春を思う

2018年3月3日付け「編集手帳」要約 近畿、東海、関東で春一番が吹き、東京都心では最高気温が20.3度となった。 かと思えば、北海道や東北は低気圧の発達で暴風雪に見舞われている。 苫小牧市でエゾジカ …

2017.04.23付け「編集手帳」要約

弱い花に目を配りたい

2017年4月23日付け「編集手帳」要約 口ずさんだことなのい人は稀だろう、童謡『チューリップ』。 「どのはなみても きれいだな」という一節は、 作詞者の近藤宮子さんが、 「赤も白も黄色も、それぞれの …

2017.04.06付け「編集手帳」要約

詩心と雨雲を引き連れて旅立つ

2017年4月6日付け「編集手帳」要約 詩人の大岡真さん。 映画の世界で言うならば、黒澤明、淀川長治の両氏を一人二役で演じた人である。 〈いとけなき日のマドンナの幸ちゃんも孫三たりとぞeメイル来る〉 …