編集手帳

1時間19分罵声を受け止めた背中

投稿日:2017年7月5日 更新日:

2017年7月5日付け「編集手帳」要約

1987年、ヤクルト−阪急の日本シリーズ第7戦。
阪急・上田利治監督の1時間19分間に及ぶ抗議は非難の十字砲火を浴びた。
褒めるわけにはいかないが、何かのときにふと、その人の背中を思い浮かべることがある。
阪急を三度の日本一に導いた名将、上田さんが80歳で亡くなった。
〈われ生かす信はわれには唯一なり評する者のあらば我のみ〉
あの日の、男の背中よ。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.03.11付け「編集手帳」要約

つらい別れをした人の暮らし

2018年3月11日付け「編集手帳」要約 今生の別れは一日のとして人の胸のうちを去るはずはなく、立ち止まっては祈るーそれがつらい別れをした人の暮らしにちがいない。 東日本大震災から、きょうで7年になる …

必死で考えたギャグは全く受けなかったが、 名キャラクター“アホの坂田”は何げない一言から生まれた。 それとは逆に、言葉一つで取り返しがつかなくなることもある。 「賭けないでマージャンをする人が世の中に何%いるのか」 飯塚市の斉藤市長が、辞職願を提出した。 開き直った記者会見に抗議が殺到し、ついに退場に追い込まれた。 とっさの言葉か、あるいは考えぬいた言葉か。 必死で考え抜いたギャグだったのだろう。

向かうところ手品師

豊洲の地下水調査。 9回目の最終調査で、過去の結果を大幅に超える濃度の有害物質が検出された。 移転が決まってからの15年の歳月は一体何だったのだろう。 放送作家・高田文夫さんのダジャレに〈向かうところ …

2018.02.17付け「編集手帳」要約

名文句が生まれることを祈る

2018年2月17日付け「編集手帳」要約 五輪の名場面に名文句はつきものなのだろう。 「世界中の青空を、全部東京に持ってきてしまったような」 「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への架け橋だ!」 「立て …

2018.06.15付け「編集手帳」要約

順序が違わないか

2018年6月15日付け「編集手帳」要約 きのうパワハラ問題で日本レスリング協会強化本部長を辞任した栄和人氏が記者会見を開いた。 「深くおわびする」と伊調選手とコーチへ謝罪した。 とはいえ、誠実さは伝 …

2018.05.19付け「編集手帳」要約

ヒューマンストーリーに欠ける騒ぎ

2018年5月19日付け「編集手帳」要約 アメリカンフットボールの試合で無防備な相手にタックルを仕掛ける映像。 なぜそこまで獰猛になったのか。 日大の説明がすっきりしない。 まるで学生の勝手な勘違いで …