編集手帳

太平楽な政府・自民党

投稿日:2017年6月30日 更新日:

2017年6月30日付け「編集手帳」要約

〈寝テ居ルモ奉公ナリ〉、ぐうたら寝てばかりいる家臣でも、何かの役に立っている。
と、江戸時代の儒学者荻生徂徠は『太平楽』という文章に書いている。
へたに起きていて何かしゃべられるよりは、〈寝テ居ルホウガマシ〉の稲田防衛相である。
都議選の応援演説で、「(自民党候補の当選を)…自衛隊としてもお願いしたい」。
寝言、たわごとに等しい発言である。
「寝ていろ」と言うべきか「起きろ」と言うべきか、安倍首相も指示に迷うところだろう。
訂正がある。
冒頭の『太平楽』は『太平策』が正しい。
緊張感の乏しい政府・自民党の“太平楽”に感染し、間違えてしまった。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.07.12付け「編集手帳」要約

誰のための警察かを明確に示せ

2017年7月12日「編集手帳」要約 『警視庁史』の明治編で、栗本鋤雲がパリで道に迷ったときポリスが宿まで送ってくれたと紹介している。 これが新時代の警察制度実現に拍車をかけた。 改正組織犯罪処罰法が …

2018.02.02付け「編集手帳」要約

今年も感動を届けてもらおう

2018年2月2日付け「編集手帳」要約 プロ野球の春季キャンプが始まった。 プロはボールの縫い目から打者は回転から変化が分かり、守備ではゴロやフライの動きを予測しやすくなる。 その縫い目は、人間の苦し …

2017.03.15付け「編集手帳」要約

ピカッと光るものがある

2017年3月15日付け「編集手帳」要約 関西弁には、笑いを誘い、人の心を弾ませる魅力がある。 万博の大阪誘致をめぐり、経産省が関西弁の報告書を作成した。 世耕経産相が陳謝して撤回を指示した。 “スベ …

2017.02.20付け「編集手帳」要約

虚をつかれぬよう備えろ

2017年2月20日付け「編集手帳」要約 トランプ米大統領の就任から1ヶ月が過ぎる。 「虚実皮膜」を唱えた、近松門左衛門に学んだわけではあるまいが、 虚実をうまく取り混ぜて話す手法は、どこまで本気で、 …

2017.02.26付け「編集手帳」要約

時間ばかりが過ぎていく

2017年2月26日付け「編集手帳」要約 略語の用法に新しい意味が加わって、時代の激変を痛感することがある。 「仮設」 仮設住宅の事だったが、最近は東京五輪の仮設施設をさす場合も多い。 五輪開催が決ま …