編集手帳

罪な会社

投稿日:2017年6月29日 更新日:

2017年6月29日付け「編集手帳」要約

一体何時の時代の出来事だろう。
奄美空港で、「バニラエア」に乗ろうとした車いすの男性はタラップを腕の力だけでのぼったという。
車いすごと担いだり、抱きかかえて昇降させたはいけない内規があるのだとか。
罪な会社である。
空港とは旅情にさわぐ胸の波音に耳をすます場所である。
人を辱め、悲しませる場所ではない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.01.301付け「編集手帳」要約

疎にして多

自殺で亡くなる人の少ない地域の共通点は、人間関係は「疎にして多」。 お付き合いは挨拶程度で、マイペース。 でも、みんな顔見知りで孤立は起きにくい。 国内の自殺者は昨年、2万2000人を下回った。 自治 …

2017.01.19付け「編集手帳」要約

殿によく馴染む二文字

人の上に立つものには寛容と忍耐が求められる。 トランプ次期大統領は、そのどちらも持ち合わせていないところが嫌われたのか。 就任直前の支持率40%は歴史的低水準という。 狭量と短慮が招いた数字だろう。 …

2018.02.26付け「編集手帳」要約

雪割草をイメージさせる競演

2018年2月26日付け「編集手帳」要約 「雪割草」は根雪の下で酷寒に耐え、少しずつ根を伸ばしながら春を待つ。 雪解けを待ちかねるように、いち早く可憐な花を開く。 忍耐、健気さ、屈しない心、人しれぬ努 …

2018.05.09付け「編集手帳」要約

子供達の幸せを思い描き続けた人

2018年5月9日付け「編集手帳」要約 絵本作家・加古里子さんは作家になる前に子供会に参加をして、 「ワクワクして、生きるためにプラスになる何かがなければ彼らは見ようとしない」ことを子供たちに教えられ …

2018.05.14付け「編集手帳」要約

双方が芭蕉扇を携えておきたい

2018年5月14日付け「編集手帳」要約 「西遊記」の魅力は、旅の途中で見せる「自分勝手」な行動のおもしろさ、中国独特の「大げさ」な表現が子供心を捉える。 それと同じでは困るのが外交だ。 中国の李克強 …