編集手帳

後手後手と打つヘボ碁打ち

投稿日:2017年6月27日 更新日:

2017年6月27日付け「編集手帳」要約

〈蝉鳴くや後手後手と打つヘボ碁打ち〉
終戦直前の戦術あって戦略を持たない軍部に対して徳川夢声の俳句である。
ヘボ碁打ちの伝説は、戦後も企業社会の隅に命脈を保ったようで、ときに事件を産み落とす。
タカタが経営破綻した。
エアバッグの不具合を10年余前に把握しながら、安全より利益を優先した結果はさほど以外ではない。
ヘボ碁を俗に〈杭打ち碁〉ともいう。
打てば打つほど(腕前が)下がる、と。
経営論に載せたいような敗北の棋譜である。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.04.29付け「編集手帳」要約

右のポッケにあった夢は…

2017年4月29日付け「編集手帳」要約 13歳の美空ひばりさんが演じた映画『東京キッド』、 ♪右のポッケにゃ夢がある/左のポッケにチュウインガム…。 同名の主題歌に当時、生活に追われる身を励まされた …

2018.04.10付け「編集手帳」要約

メッキの下にあるものは?

2018年4月10日付け「編集手帳」要約 太鼓持ちは「バカのメッキをした利口者でないとなれない職業なんです」。 財務省理財局は、その職業では見事に落第だろう。 森友学園問題で、新たに口裏合わせが発覚し …

2017.03.04付け「編集手帳」要約

果し状の相手が違っている

2017年3月4日付け「編集手帳」要約 「果し合いに出かける昔の侍」に自身をなぞらえた。 “三十六人斬り”で知られる剣豪荒木又右衛門の雄姿を想像したが、まぼろしに終った。 みんなで決めたことで、「私だ …

2017.01.10付け「編集手帳」要約

同じ道をたどらないように祈る

田中角栄元首相の人物像にトランプ時期米大統領が重なる。 元首相は最小限の資料で自分なりの論理を立て、国会答弁を乗り切ったというが、 20日の就任を前に独自の勉強を重ね、準備を整えているように見られない …

2017.10.21付け「編集手帳」要約

好景気が賃上げに回るのはいつ?

2017年10月21日付け「編集手帳」要約 きのう東京株式市場で日経平均株価が14営業日連続し、歴代1位の長さに並んだという。 企業の好調な業績は投資や賃上げに回るだろうか。 景気は長く好調を維持する …