編集手帳

後手後手と打つヘボ碁打ち

投稿日:2017年6月27日 更新日:

2017年6月27日付け「編集手帳」要約

〈蝉鳴くや後手後手と打つヘボ碁打ち〉
終戦直前の戦術あって戦略を持たない軍部に対して徳川夢声の俳句である。
ヘボ碁打ちの伝説は、戦後も企業社会の隅に命脈を保ったようで、ときに事件を産み落とす。
タカタが経営破綻した。
エアバッグの不具合を10年余前に把握しながら、安全より利益を優先した結果はさほど以外ではない。
ヘボ碁を俗に〈杭打ち碁〉ともいう。
打てば打つほど(腕前が)下がる、と。
経営論に載せたいような敗北の棋譜である。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.09.06付け「編集手帳」要約

風物詩がひとつなくなるかも

2018年9月6日付け「編集手帳」要約 経団連側が、2021年春から“就活ルール”を廃止したい意向を表明した。 「新卒一括」を見直し、「通年採用」にカジを切る考えらしい。 日程が野放図になれば、学生の …

2017.08.31付け「編集手帳」要約

平和を守る決意が試される

2017年8月31日付け「編集手帳」要約 8月、年々歳々巡り来て日本人は〈愚かな戦争をしたこと〉に思いを致し、平和の2文字を胸に刻む。 今年は、例年と違う8月だった。 いまも〈愚かさを見せている人間の …

2017.06.02付け「編集手帳」要約

神様の神意を読み解く難問

2017年6月2日付け「編集手帳」要約 〈OK〉の語源は? 最近その政策を引き合いに出される米国の第7代大統領アンドルー・ジャクソンが、毎度毎度綴を間違えて「oll korrect」と書いたことに始ま …

2017.05.31付け「編集手帳」要約

緑帯、赤い帯、青い帯…への思い

2017年5月31日付け「編集手帳」要約 〈ゆめみひとみで緑帯/むすめざかりは赤い帯/朱にまじわって白い帯/トウがたったら青い帯/行きつく先は黄ン帯〉 岩波文庫は背表紙の色で分類されているが、かつては …

2018.10.02付け「編集手帳」要約

恐れながらも牛あげます

2018年10月2日付け「編集手帳」要約 パソコンの誤変換、「高価な品物」と入力して「効果無しな物」と出てきた。 ふるさと納税の問題で、高額な返礼を続ける自治体を対象から外すという。 それを受けて泉佐 …