編集手帳

後手後手と打つヘボ碁打ち

投稿日:2017年6月27日 更新日:

2017年6月27日付け「編集手帳」要約

〈蝉鳴くや後手後手と打つヘボ碁打ち〉
終戦直前の戦術あって戦略を持たない軍部に対して徳川夢声の俳句である。
ヘボ碁打ちの伝説は、戦後も企業社会の隅に命脈を保ったようで、ときに事件を産み落とす。
タカタが経営破綻した。
エアバッグの不具合を10年余前に把握しながら、安全より利益を優先した結果はさほど以外ではない。
ヘボ碁を俗に〈杭打ち碁〉ともいう。
打てば打つほど(腕前が)下がる、と。
経営論に載せたいような敗北の棋譜である。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.08.29付け「編集手帳」要約

しかるべきためらいがなかったか

2017年8月29日付け「編集手帳」要約 「臍の緒は妙薬」という短編がある。 作中、主人公の女性が幼少時に思い肺炎を患ったとき、母が臍の緒をのませてくれたに違いないと、思い込んだ。 臍の緒は胎児の命を …

2017.07.24付け「編集手帳」要約

水中遺跡の保護の理解を

2017年7月24日付け「編集手帳」要約 日本には、387の水中遺跡が確認されている。 しかし、諸外国と比べ、保護体制の遅れも指摘されている。 文化庁の有識者会議は、水中遺跡保護のあり方についての提言 …

2017.04.25付け「編集手帳」要約

昭和の名調子に西陽が差す

2017年4月25日付け「編集手帳」要約 三遊亭円歌さんが85歳で亡くなった。 渋い芸風や枯淡の境地には目もくれず、爆笑落語ひと筋の道を歩み通した人である。 「山のアナアナ、あなた、もう寝ましょうよ」 …

2018.02.18付け「編集手帳」要約

勇気をもらった絶対王者の復活劇

2018年2月18日付け「編集手帳」要約 無比の存在の「王者」に「絶対」を重ねた異名を背負う重圧はいかほどか。 フィギャアスケートの羽生結弦選手である。 捻挫、流血、靭帯損傷…。 栄光と負傷とがないま …

2017.12.02付け「編集手帳」要約

次はどんな歌が流れているだろう

2017年12月2日付け「編集手帳」要約 大衆音楽研究家の長田暁二さんは「川の流れのように」をあえて昭和の最後を飾る流行歌に選んでいる。 あえて、としたのは発売日が1989年1月11日、平成元年の4日 …