編集手帳

新たな危険な虫との闘い

投稿日:2017年6月26日 更新日:

2017年6月26日付け「編集手帳」要約

新潟県五泉市の民族行事「善願の虫送り」。
ツツガムシ病はかつて“死に至る病”だったが、戦後治療法が確立され、犠牲者は激減した。
毒虫退散の祈りが再び切実な響きを帯びたと思えなくもない。
毒針を持つ南米原産のアリが新たに100匹も見つかった。
水際をどう固めるか。
危険な虫との新しい闘いでも、長期戦を覚悟せねばなるまい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.07.20付け「編集手帳」要約

こんなこと書かせてはだめだ

2018年7月20日付け「編集手帳」要約 船戸結愛ちゃんの事件を受けて、政府は全国の児童相談所で虐待に対応する児童福祉司を約2000人増員するという。 子供たちが、悲しい物語に落とし込まれているのを見 …

2018.04.24付け「編集手帳」要約

道理を述べた寅さんの勘違い

2018年4月24日付け「編集手帳」要約 〈朝(あした)に道を聞かば、夕べに死すとも可なり〉 朝(あさ)どう生きるかを悟れば、夕方に死んでも後悔はない−との意味だ。 だが、寅さんは「明日道を聞こうとし …

2017.06.27付け「編集手帳」要約

後手後手と打つヘボ碁打ち

2017年6月27日付け「編集手帳」要約 〈蝉鳴くや後手後手と打つヘボ碁打ち〉 終戦直前の戦術あって戦略を持たない軍部に対して徳川夢声の俳句である。 ヘボ碁打ちの伝説は、戦後も企業社会の隅に命脈を保っ …

2018.04.23付け「編集手帳」要約

人間だけが味わえる気持ち

2018年4月23日付け「編集手帳」要約 京都大の女子大学院生が、苔庭のコケの種類を自動判別するAIを開発した。 コケを観察するには〈ゆっくりと落ち着いた気分であること〉が大切だと、植物学者・秋山弘之 …

2017.01.10付け「編集手帳」要約

同じ道をたどらないように祈る

田中角栄元首相の人物像にトランプ時期米大統領が重なる。 元首相は最小限の資料で自分なりの論理を立て、国会答弁を乗り切ったというが、 20日の就任を前に独自の勉強を重ね、準備を整えているように見られない …