編集手帳

薩摩隼人が持ち込んだハヤトウリ

投稿日:2017年6月25日 更新日:

2017年6月25日付け「編集手帳」要約

薩摩隼人にちなんだ名前の野菜ハヤトウリ。
100年前、米大陸から籠島の人が持ち込んで栽培を試みたのが始まりだ。
原産地の中米では、生活に欠かせない農産物だが、日本では漬物用に少量しか栽培されていない。
その未知の力を引き出そうと、筑波大学がメキシコと共同開発を進めている。
豊富な栄養分を活かした使い道が見つかれば、国内でも脚光を浴びるかも知れない。
海を越えたかつての薩摩隼人も感無量のはずである。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.05.01付け「編集手帳」要約

AIに勝つには…

2017年5月1日付け「編集手帳」要約 最近の人工知能(AI)の進歩には驚くばかりだ。 便利になるのはいいが、AIに仕事が奪われる可能もあると聞けば、心穏やかではいられない。 記者は大丈夫だと言い切れ …

2017.07.21付け「編集手帳」要約

昭和時代の栞のような人

2017年7月21日付け「編集手帳」要約 小学校の教室で、高視聴率の伝説が残る連続テレビ小説『おはなはん』を毎日見ることになった。 その主題歌を作曲した小川寛興さんが92歳で亡くなった。 『月光仮面は …

2018.06.06付け「編集手帳」要約

訴訟だということを忘れそうになる

2018年6月6日付け「編集手帳」要約 「聖護院八ッ橋総本店」が掲げる元禄2年創業。 それが虚偽だとして、別の老舗「井筒八ッ橋本舗」が表記の差し止めを求めて訴えたという。 どんな裁判になるのだろう。 …

2018.02.10付け「編集手帳」要約

二人の影が重なった騎乗

2018年2月10日付け「編集手帳」要約 中央競馬会に短期免許を得て加わるドイツ所属のフィリップ・ミナリク騎手。 急逝した友の鞍を携えて来日した。 その鞍で馬を走らせることは欧州では何と言うのだろう? …

2017.03.19付け「編集手帳」要約

いっときでも解放感に浸るといい

2017年3月19日付け「編集手帳」要約 若者の禁が解かれる季節である。 受験シーズンの終幕が近い。 勉強のための我慢と願掛けは別物だが、好きなものを立って満願成就を期す点で相通ずる。 その実線が百% …