編集手帳

薩摩隼人が持ち込んだハヤトウリ

投稿日:2017年6月25日 更新日:

2017年6月25日付け「編集手帳」要約

薩摩隼人にちなんだ名前の野菜ハヤトウリ。
100年前、米大陸から籠島の人が持ち込んで栽培を試みたのが始まりだ。
原産地の中米では、生活に欠かせない農産物だが、日本では漬物用に少量しか栽培されていない。
その未知の力を引き出そうと、筑波大学がメキシコと共同開発を進めている。
豊富な栄養分を活かした使い道が見つかれば、国内でも脚光を浴びるかも知れない。
海を越えたかつての薩摩隼人も感無量のはずである。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.04.10付け「編集手帳」要約

メッキの下にあるものは?

2018年4月10日付け「編集手帳」要約 太鼓持ちは「バカのメッキをした利口者でないとなれない職業なんです」。 財務省理財局は、その職業では見事に落第だろう。 森友学園問題で、新たに口裏合わせが発覚し …

2017.05.22付け「編集手帳」要約

遠い地の戦没者を忘れてはならない

2017年5月22日付け「編集手帳」要約 第一次世界大戦で、日本は同盟国英国の要請を受け、地中海に特務艦隊を派遣した。 「地中海の守り神」と称えられた駆逐艦「榊」は、魚雷攻撃を受け71人が戦死した。 …

2017.01.22付け「編集手帳」要約

就任式が告別式に変わった

ドナルド・トランプ氏が「米国第一」を宣言したとき、 大統領就任式は告別式に変わった。 米国の高遇な理想主義と使命感が死んだ。 地球を見渡すことを捨て、目先の雇用優先主義にひた走る。 厄介な時代の幕開け …

2017.04.21付け「編集手帳」要約

彫心鏤骨に生きた姿を胸に刻む

2017年4月21日付け「編集手帳」要約 尾崎紅葉は推敲に骨身を削り、死の間際まで文学者として誠実であろうとした人だった。 代表作『金色夜叉』の連載が始まったのは1897年(明治30年)の正月、今年で …

2018.01.22付け「編集手帳」要約

提言メニューをじっくりと練って欲しい

2018年1月22日付け「編集手帳」要約 経団連の時期会長に日立製作所の中西宏明会長が内定した。 趣味は料理で、魚をさばくのが得意という。 様々な食材を準備して組み立てる料理と、経営は共通するものがあ …