編集手帳

自民党にかけている音

投稿日:2017年6月24日 更新日:

2017年6月24日付け「編集手帳」要約

ブドウの「ビンテージ・イヤー」は量ではなく、品質の高いワインが作られて初めて呼ばれる。
自民党の2012年初当選組は、そうではなかったらしい。
豊田真由子議員がパワハラで離党届を提出した。
金銭トラブルで離党した人。
女性問題で政務官を辞めた人、議員を辞めた人。
「(がん患者は)働かなくていい」発言で東京都連副会長を辞めた人。
誰がいちばん世間を悪酔いさせられるか、“まずい酒コンクール”でも開催中なのかも知れない。
お酒を注ぐ音、徳、徳、徳…。
たるみとおごりの自民党にかけている音である。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.02.10付け「編集手帳」要約

二人の影が重なった騎乗

2018年2月10日付け「編集手帳」要約 中央競馬会に短期免許を得て加わるドイツ所属のフィリップ・ミナリク騎手。 急逝した友の鞍を携えて来日した。 その鞍で馬を走らせることは欧州では何と言うのだろう? …

2017.02.15付け「編集手帳」要約

破廉恥という隣人がいる

国語辞典に収められた言葉には、ときに奇妙な隣人がいる。 【新郎】は【心労】と【塵労】に挟まれている。 なにも隣同士グルになって誰かを泣かせることはなかろう。 福岡県警の巡査部長(40)が既婚者であるこ …

2018.02.19付け「編集手帳」要約

雪や氷の苦労は減らしたい

2018年2月19日付け「編集手帳」要約 かつて、積雪地では馬そりが活躍した。 今は、除雪車が整備され雪が降っても自動車でどこへでも行ける。 だが、除雪車を運転するには熟練が必要であり、出勤は深夜や早 …

2017.01.05付け「編集手帳」要約

びっくり箱の蓋がひらく

米国の経済界では、株主が四半期ごとの成果を求める。 そのため経営者は短期の損得勘定にことのほか敏感だと聞く。 大統領と国務長官がそろって政治・外交経験のない「トランプ政権」が、 まもなく米国に誕生する …

2018.05.26付け「編集手帳」要約

法外なツケか素晴しい未来か

2018年5月26日付け「編集手帳」要約 6月12日に当地で予定されていた米朝首脳会談の開催を巡り、駆け引きが続いている。 その開催地であるシンガポールには「FINE CITY」の別名がある。 FIN …