編集手帳

歳月を経てもまぶしい存在

投稿日:2017年6月23日 更新日:

2017年6月23日付け「編集手帳」要約

「街には『ーー』が流れていた」
と、いう紋切り型の言い回しがあるが、実際に街を歩いて耳にすることはない。
だが石原裕次郎さんの歌は本当に街頭で聞こえたらしい。
裕次郎さんの出演する映画館のドアが鈴なりの客で閉まらないために漏れていた。
没後30年の追悼番組をきのう放送していた。
アイドルがいてもスターの見当たらぬ昨今、裕次郎は歳月を経てもまぶしい存在だろう。
あの夏、どれほど多くの人が男くさく、荒々しく、惜別の酒をあおったことだろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.10.26付け「編集手帳」要約

アインシュタインの日本発のハートフルな言葉

2017年10月26日付け「編集手帳」要約 歴史上、最も偉大とされる物理学者アインシュタインはふれあう人に幸せをふりまく特技があったらしい。 「静かで質素な生活は不安に襲われながら成功を追求するより多 …

2017.03.22付け「編集手帳」要約

本日天気晴朗ナラズシテ浪高シ

2017年3月22日付け「編集手帳」要約 日露戦争の日本海海戦を勝利に導いた作戦参謀・秋山真之。 大局を知れば十分と、戦闘中に双眼鏡をのぞかなかった。 石原慎太郎氏もこの流儀か。 百条委員会で「記憶に …

2017.05.26付け「編集手帳』要約

旅へと誘われたその人たちの歌声

2017年5月26日付け「編集手帳」要約 永六輔さんが京都を訪れ、タクシーが三千院の前を通ったとき。 「くだらない唄のせいで混雑して困ったものです」と、言った。 その『女ひとり』を歌った、デューク・エ …

2017.07.23付け「編集手帳」要約

夏休みの終わりは大海の水平線

2017年7月23日付け「編集手帳」要約 各地の小中学校で先週、終業式が行われた。 この時期の子供にとっての休みの終わりは大海の水平線のようなものだろう。 子供の学力向上を旗印に、授業日数増加の方針を …

2017.02.07付け「編集手帳」要約

じつに賤しい

落語の『厄払い』、漢字の読めない怪しい男でもむげには追い返せない。 天下りの斡旋とは、その心理をついた厄払いの押し売りである。 文部科学省で何年も前から、人材押し売りの仕組みが出来上がっていたという。 …