編集手帳

歳月を経てもまぶしい存在

投稿日:2017年6月23日 更新日:

2017年6月23日付け「編集手帳」要約

「街には『ーー』が流れていた」
と、いう紋切り型の言い回しがあるが、実際に街を歩いて耳にすることはない。
だが石原裕次郎さんの歌は本当に街頭で聞こえたらしい。
裕次郎さんの出演する映画館のドアが鈴なりの客で閉まらないために漏れていた。
没後30年の追悼番組をきのう放送していた。
アイドルがいてもスターの見当たらぬ昨今、裕次郎は歳月を経てもまぶしい存在だろう。
あの夏、どれほど多くの人が男くさく、荒々しく、惜別の酒をあおったことだろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.11.20付け「編集手帳」要約

自ら政権を担う気概を示せ

2017年11月20日付け「編集手帳」要約 政治家の言葉は長く禍根を残す。 鳩山元首相が選挙戦で「最低でも県外」と展望もないまま打ち上げて実現せず、政治の混迷は極まった。 残像から逃れようと、民主党は …

2018.05.31付け「編集手帳」要約

現実にあった横暴な神の寓話

2018年5月31日付け「編集手帳」要約 良心が試されたと思えばどうだろう。 日大アメフト部の学生である。 自らの過ちに気づいたことは、再び前を向き一度は青春を掛けた競技に帰る資格はある。 関東学生ア …

2017.07.08付け「編集手帳」要約

「似顔絵捜査官」の志に幸あれ

2017年7月8日「編集手帳」要約 デジタル全盛の今も犯罪の現場では、モンタージュ写真より手書きの似顔絵が活躍していると聞く。 芸大卒の異色の肩書を持つ渡部慶太巡査長。 交番に勤務しながら「似顔絵捜査 …

2017.06.11付け「編集手帳」要約

時代の流れに抗う奇怪な鼻

2017年6月11日付け「編集手帳」要約 顔の主要部分の目鼻口で、鼻だけが加齢に伴う変化があまりないらしい。 なるほど、髪は白くなったが、鼻の形は同じに見えなくもない。 「渋谷暴動」に関与したとして逮 …

2018.05.20付け「編集手帳」要約

緑の大山脈を歩く喜び

2018年5月20日付け「編集手帳」要約 山崎豊子さんが先輩作家に当てた書簡の数々が初公開された。 34歳で直木賞を受賞したおりに「はげ山に一本一本、黄を植えていくような、いわば植林小説を書いていきた …