編集手帳

神様が羽織を引いたのかも

投稿日:2017年6月22日 更新日:

2017年6月22日付け「編集手帳」要約

将棋の神様がその人の羽織を引いたのかも知れない。
最年長棋士の加藤一二三九段が一昨日、最後の対局に敗れて引退した。
その一夜明けたきのうは最年少棋士の藤井聡太四段が28連勝を果たし歴代連勝記録に並んだ。
加藤九段は、対局後の取材に応じることなく無言のまま去った。
人気者とは別の、勝負師の顔を見た思いがする。
最近の将棋ソフトの強さには感心はしても感動はしない。
人を感動させるのはやはり、最善の一手を探し求めて命を削る生身の棋士である。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.01.15付け「編集手帳」要約

世紀が変わっても古びない標語

1917年内田嘉吉が「安全第一」の訳語をあて啓発に乗り出した。 今年で百年になる。 〈日本人は兎角、ものの規則を無視する性癖があります… 掟を破ることを恥辱とは思はず、それを却って得意がる気風がありま …

2017.03.11付け「編集手帳」要約

大切な忘れ物をしてこなかったか

2017年3月11日付け「編集手帳」要約 東日本大震災が起きてまもない頃、 友人が絵に書いたような寸借詐欺にあった。 「…むしょうに困っている誰かの役に立ちたい。そういう心境だったんだな」という。 テ …

2017.08.05付け「編集手帳」要約

“かたみ”が非常食に変わるまで

2017年8月5日付け「編集手帳」要約 〈短夜のもの見ればみなかたみ哉〉 この句が胸に響くのは、月遅れのお盆が近いせいだけではないかもしれない。 多くの人の命を奪った、九州北部の豪雨から今日で1ヶ月に …

2017.07.28付け「編集手帳」要約

立派なハンドルを装備せよ

2017年7月28日付け「編集手帳」要約 民進党の蓮舫代表が辞任をするという。 その党を会社に例えると、〈民主自動車〉の頃、外交・安全保障というハンドルが脱落する欠陥を製造して客足が遠のいた。 〈民進 …

2017.01.08付け「編集手帳」要約

人間は野菜ほど強くない

ネギやダイコンなどは冬の寒さに触れて甘みを帯びる。 松が開けたところで、野菜に倣って冷気にあたり、緩んだ我が身に活を入れる。 それもいいかなと思うが、この時期に体調を崩す「正月病」には体を温めて睡眠の …