編集手帳

風は吹き来たり、潮は流れ去る

投稿日:2017年6月21日 更新日:

2017年6月21日付け「編集手帳」要約

方向を表す言葉はややこしい。
風と潮では逆になり、〈風は吹き来たり、潮は流れ去る〉と覚える。
築地市場の移転問題が流れていく方向はもっとややこしい。
市場をいったん豊洲に移した上で、築地を再開発し一部戻すという。
移転派、残留派のどちらにも“いい顔”を取り繕ったと映らなくもない。
〈風吹き来たり〉で射止めた都知事の座。
都議選を意識しての八方美人ならば、やがて〈潮は流れ去る〉だろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.02.15付け「編集手帳」要約

破廉恥という隣人がいる

国語辞典に収められた言葉には、ときに奇妙な隣人がいる。 【新郎】は【心労】と【塵労】に挟まれている。 なにも隣同士グルになって誰かを泣かせることはなかろう。 福岡県警の巡査部長(40)が既婚者であるこ …

2017.06.01付け「編集手帳」要約

正々堂々と精進します

2017年6月1日付け「編集手帳」要約 『一本刀土俵入り』、駒形茂兵衛は情けをかけてもらったお蔦に、 横綱になっても気づいてもらうために本名で通すと誓った。 大関昇進を決めた高安関、大関になってからも …

2017.10.01付け「編集手帳」要約

甘い話の副作用と対処法はいかに

2017年10月1日付け「編集手帳」要約 夏目漱石は無類の甘党だった。 絶えず胃痛を訴えつつ、甘い菓子がやめられずついには糖尿病を患った。 甘い誘惑にあらがえず、深刻な病に至るのは我が国の財政も然りで …

2017.03.07付け「編集手帳」要約

“三尺もの”の幕切れ

2017年3月7日付け「編集手帳」要約 きのうの朝、北朝鮮が弾道ミサイル4発を日本海に向けて発射した。 奇襲能力を見せつけ、米国との交渉力を高める“賽の目”に賭けた丁半勝負だとすれば、愚行の極みである …

2018.06.05付け「編集手帳」要約

回文の様に巡らないか心配な結果

2018年6月5日付け「編集手帳」要約 少し前までは財政の無駄といえばダム建設がやり玉にあがった。 〈うかつにダムをひく 国費を無駄に使う〉土屋光一さんの回文があった。 「森友学園」への国有地売却をめ …