編集手帳

今思えば皆遠火事のごとくなり

投稿日:2017年6月15日 更新日:

2017年6月15日付け「編集手帳」要約

1997年9月3日、巨人の王貞治選手が756本の本塁打世界記録を樹立した。
当時は、米大使が議題そっちのけで大記録の達成を待つほどの空気であった。
昨夜、40週年を記念するイベントが東京ドームの巨人ーソフトバンク戦で催された。
その大記録の樹立に、胸を熱くした野球少年たちもいいオジさんだろう。
〈今思えば皆遠火事のごとくなり〉
歳月である。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.07.24付け「編集手帳」要約

夏からどう隠れるか

2018年7月24日付け「編集手帳」要約 「廈」という字をしばし拡大鏡で眺めた。 「夏」をまだれが覆い隠していて、暑さなんてへっちゃらよと言っている気がしないでもない。 きのう熊谷市で、国内観測史上最 …

2017.07.09付け「編集手帳」要約

世界が狭いとこれだから

2017年7月9日付け「編集手帳」要約 先生という職業は、学校を出てからも学校に通っている。 いわば学校以外の世界を知らない。 自殺した生徒から相談を受けた教諭は、深刻ではないと判断した。 那須町の雪 …

2017.05.02付け「編集手帳」要約

これは“み”かな?

2017年5月2日付け「編集手帳」要約 「コラムとは、ねたみ、ひがみ、そねみ、三つの“み”から出発して書くものだ」と野坂昭如さんが書いている。 お一人様、3泊4日で最高95万円という「トランスイート四 …

2017.08.06付け「編集手帳」要約

大輪をめでつつ、恐怖の経験に思いを致す

2017年8月6日付け「編集手帳」要約 花火は時として空襲や原爆を思い出す。 季節の風物詩も、経験によっては忌まわしい記憶と結びつく。 〈あの閃光が忘れえようか〉(峠三吉「八月六日」) その日がまため …

2017.02.21付け「編集手帳」要約

負の言葉に情緒が宿る

2017年2月21日付け「編集手帳」要約 名作として名高い、倉本聰さん脚本の『昨日、悲別で』。 そのなかに「泣きべそ通り」という裏路地が出てくる。 “悲”も“泣きべそ”も正負でいえば負の言葉だが、とき …