編集手帳

大川村のうぐいすは人来と鳴く

投稿日:2017年6月13日 更新日:

2017年6月13日付け「編集手帳」要約

平安の人々はうぐいすの鳴き声を「ヒトク」と聴いた。
〈…ひとくとけさはうぐひすぞ鳴く〉(光孝天皇)。
「人来」にかけて、恋しい人が訪れる予感をその擬声語に重ねたらしい。
うぐいすが村鳥の大川村にとって、「ヒトク」は長い間の願いだったろう。
人口406人、村議のなり手がおらず、「町村総会」が村政を直接審議するやり方を検討するという。
聞きなしはうぐいす以外にもある。
Peaple pray,Peaple pray(=人々は祈る)。
記事を読みつつ、コジュケイの声を聞く。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.09.29付け「編集手帳」要約

公約の用法を見極めねばならない

2017年9月29日付け「編集手帳」要約 衆院が解散され、晩秋の選挙となる。 直前まで解散の影もなかったからか、突貫工事の公約づくりがどうも心もとない。 与党も野党も、患部に正しく聞く膏薬ならぬ公約を …

2017.08.25付け「編集手帳」要約

備えに怠りなきように

2017年8月25日付け「編集手帳」要約 水やお茶を、買って飲むのが普通になった今も、酷暑の日には小銭の出費が重なって「もったいない」の思いが募る。 “暑さ指数”が「危険」だったきのうもそうだった。 …

2018.04.01付け「編集手帳」要約

悠々として急げ

2018年4月1日付け「編集手帳」要約 現代の会社と社員、上司と部下の間合いはひと昔前に比べ、桁違いに繊細になり、複雑化した。 新聞の「役職に興味がない4割」「退職 上司が原因5割」という見出しにたじ …

2018.01.28付け「編集手帳」要約

“希望の党”、批判を受けても堂々と進め

2018年1月28日付け「編集手帳」要約 吉田松陰は、ひたすら自己の身の修養に努めて、あとはすべて天命に任せよと説いた。 この「天地に恥じぬ」との姿勢は、政治の世界に通じよう。 それに比べて、腰が据わ …

2017.09.13付け「編集手帳」要約

挑発にあおられずに冷静に乗り越えよ

2017年9月13日付け「編集手帳」要約 北の暴走がやまない。 非核化という南北の誓いを無視した愚行に半島は緊迫の度を増している。 国連で追加の対北制裁決議が採択された。 挑発にあおられることなく、平 …