編集手帳

大川村のうぐいすは人来と鳴く

投稿日:2017年6月13日 更新日:

2017年6月13日付け「編集手帳」要約

平安の人々はうぐいすの鳴き声を「ヒトク」と聴いた。
〈…ひとくとけさはうぐひすぞ鳴く〉(光孝天皇)。
「人来」にかけて、恋しい人が訪れる予感をその擬声語に重ねたらしい。
うぐいすが村鳥の大川村にとって、「ヒトク」は長い間の願いだったろう。
人口406人、村議のなり手がおらず、「町村総会」が村政を直接審議するやり方を検討するという。
聞きなしはうぐいす以外にもある。
Peaple pray,Peaple pray(=人々は祈る)。
記事を読みつつ、コジュケイの声を聞く。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.06.16付け「編集手帳」要約

使い分けにしくじった安倍首相

2017年6月16日付け「編集手帳」要約 改正組織犯罪処罰法が、きのう国会で成立した。 金田法相の答弁が法改正を巡る誤解を増幅したことは否めない。 財政や厚生労働の政策通の金田氏の法相は、適材適所だっ …

2017.05.12付け「編集手帳」要約

心の美醜も皮一重

2017年5月12日付け「編集手帳」要約 〈鉄面〉「公平剛直で権勢を恐れないこと」(『日本国語大辞典』小学館)。 それが〈鉄面皮〉と一文字を足すと、「恥を恥とも思わないこと」と早変わりするのだから言葉 …

2018.04.17付け「編集手帳」要約

どんな苦情が来るだろう

2018年4月17日付け「編集手帳」要約 ビートたけしさんは東京・浅草の劇場で修行時代、放送禁止用語を連発したらしい。 その当時の様子を相方のきよしさんは、本に記した。 が、劇場に来た苦情を思えば、い …

2018.04.03付け「編集手帳」要約

新入社員の八年後の顔

2018年4月3日付け「編集手帳」要約 〈捨てた一粒の柿の種/生えるも生えぬも/甘いも渋いも/畑の土のよしあし〉 果実を結ぶ時期は〈桃栗三年柿八年〉という。 社会に飛び出した若者が実をつけるまでの期間 …

2017.02.18付け「編集手帳」要約

船村節は今夜も誰かを泣かせている

船村徹さんが84歳で亡くなった。 生涯を通して言葉を何よりも大切にし、詞に惚れて曲を書いた人だった。 『王将』の曲想を得た時の思い出話が忘れがたい。 故郷で母がかまどで飯を炊いているその後ろ姿を見て、 …