編集手帳

大川村のうぐいすは人来と鳴く

投稿日:2017年6月13日 更新日:

2017年6月13日付け「編集手帳」要約

平安の人々はうぐいすの鳴き声を「ヒトク」と聴いた。
〈…ひとくとけさはうぐひすぞ鳴く〉(光孝天皇)。
「人来」にかけて、恋しい人が訪れる予感をその擬声語に重ねたらしい。
うぐいすが村鳥の大川村にとって、「ヒトク」は長い間の願いだったろう。
人口406人、村議のなり手がおらず、「町村総会」が村政を直接審議するやり方を検討するという。
聞きなしはうぐいす以外にもある。
Peaple pray,Peaple pray(=人々は祈る)。
記事を読みつつ、コジュケイの声を聞く。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.06.09付け「編集手帳」要約

その人のサックスがこいしい

2018年6月9日付け「編集手帳」要約 ジャズの巨人と呼ばれたサックス奏者、ジョン・コルトレーンの新作が見つかった。 半世紀もの時を経て、世界同時に新盤が発売される。 その名も『ザ・ロスト・アルバム』 …

2017.03.16付け「編集手帳」要約

星案内へ司法の発した宿題

2017年3月16日付け「編集手帳」要約 放送局で衛星中継のことを〈星送り〉と呼んだ。 それにならえばGPSは〈星案内〉とでもなろう。 漢字の「星」がカタカナの“ホシ”になると意味が変わる。 捜査機関 …

2017.10.28付け「編集手帳」要約

ちゃらいは、ちょっと

2017年10月28日付け「編集手帳」要約 来月1月「広辞苑第七版」が発売される。 約一万語が新たに加わるが、その中のひとつ「ちゃらい」が、お口に合わない方もおいでになろう。 清少納言が「枕草子」で述 …

2017.09.09付け「編集手帳』要約

中露の及び腰がもどかしい

2017年9月9日付け「編集手帳」要約 黒田三郎の「紙風船」に無粋な連想をお詫びする。 幾度となく打ち上げて、射程を伸ばし、精度を上げてきたミサイル。 かの国のきょうは建国記念日だという。 この日に合 …

2018.04.17付け「編集手帳」要約

どんな苦情が来るだろう

2018年4月17日付け「編集手帳」要約 ビートたけしさんは東京・浅草の劇場で修行時代、放送禁止用語を連発したらしい。 その当時の様子を相方のきよしさんは、本に記した。 が、劇場に来た苦情を思えば、い …