編集手帳

時代の流れに抗う奇怪な鼻

投稿日:2017年6月11日 更新日:

2017年6月11日付け「編集手帳」要約

顔の主要部分の目鼻口で、鼻だけが加齢に伴う変化があまりないらしい。
なるほど、髪は白くなったが、鼻の形は同じに見えなくもない。
「渋谷暴動」に関与したとして逮捕された中核派メンバーの顔である。
その当時の過激派の事件は過去の出来事ではない。
よど号事件の手配犯は北朝鮮に渡り、いまだに引き渡されていない。
過去を精算しないまま無法国家が存在する。
国内の過激派と同じく、それ自体が時代の流れに抗う奇怪な鼻である。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.02.19付け「編集手帳』要約

新聞の役割

2017年2月19日付け「編集手帳」要約 漂白の俳人、種田山頭火は熱心に新聞を購読していたらしい。 〈今日そのものが来ないやうな気がする〉、新聞の来なかった朝の心境をそう書き留めている。 新聞のかたち …

2017.03.10付け「編集手帳」要約

思い出遺産と名づけてみたい

2017年3月10日付け「編集手帳」要約 蚊取り線香など殺虫剤関連の歴史資料が、「化学遺産」に選ばれた。 あの渦巻きのお世話になったことのない人はいないだろう。 その匂いをかぐたびに、遠い日の家族の風 …

2017.03.15付け「編集手帳」要約

ピカッと光るものがある

2017年3月15日付け「編集手帳」要約 関西弁には、笑いを誘い、人の心を弾ませる魅力がある。 万博の大阪誘致をめぐり、経産省が関西弁の報告書を作成した。 世耕経産相が陳謝して撤回を指示した。 “スベ …

2018.01.13付け「編集手帳」要約

なぜ、この時期に試験を

2018年1月13日付け「編集手帳」要約 雪がすべての物音を吸収したかのような静けさは北国の興趣といわれる。 だが、今日ばかりは例外だろう。 今年の大学入試センター試験は各地で注意報が出る中で行なわれ …

2017.02.12付け「編集手帳」要約

悲惨でなく不快を選択した日米同盟

言葉巧みに擦り寄ることを「巧言令色」という。 日米同盟の列車に隣り合って座る、激情にかられ予測不能の人に、「剛毅木訥」で接しては危ない。 政治の要諦は“不快”と“悲惨”の選択にあるといわれる。 日米同 …