編集手帳

梅雨来たりなば白南風も遠からじ

投稿日:2017年6月8日 更新日:

2017年6月8日付け「編集手帳」要約

きのう、西は四国、中国から東は関東甲信まで広い地域が梅雨入りした。
雨雲と太陽のせめぎあう空模様がしばらくつづく。
ちょうどいま、大学生の就職戦線が終盤の山場を迎える頃である。
不安も焦りも、満願成就の喜びに格別の香りを添える調味料と信じて、もうひと踏ん張りである。
健康な身もふさぎがちな季節である。
梅雨来たりなば白南風も遠からじ。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.08.07付け「編集手帳」要約

新たな荒波に注視が怠れぬ

2017年8月7日付け「編集手帳」要約 中国の最高指導者は泳ぎにまつわる武勇伝に事欠かない。 習近平国家主席は、恒例の「北載河会議」で公の場に姿を見せず、政治の海に「潜伏」している模様だ。 大国中国の …

2017.10.05付け「編集手帳」要約

その花は誰のために何を伝えるだろう

2017年10月5日付け「編集手帳」要約 東京・大手町の小社の屋上で社会部のY記者が育てたヒマワリが大輪を広げた。 6年前交通事故で亡くなった当時4歳の東陽大ちゃんは幼稚園で育てていた。 その種が母の …

2018.01.31付け「編集手帳」要約

「かなくりしそう」です

2018年1月31日付け「編集手帳」要約 姓の読みは西に行くほど濁らない傾向があるという。 来年の大河ドラマの主役モデルとなった「金栗四三」は、名字どころか名前も濁らないことが分かった。 波乱の人生を …

2017.11.28付け「編集手帳」要約

平均台は体育館だけにあればいい

2017年11月28日付け「編集手帳」要約 目の不自由な人は、駅のホームが大きな平均台と感じ、転落の恐怖を常に感じているという。 それに対して、少しホッとする記事があった。 型の異なる車両が停車した場 …

2017.12.16付け「編集手帳」要約

今年は秀作ぞろい

2017年12月16日付け「編集手帳」要約 住友生命保険が師走恒例「創作四字熟語」の入選作を発表した。 今年は秀作ぞろいかもしれない。 【荷労困配】(疲労困憊)、深刻な人手不足の宅配業界のもじり。 【 …