編集手帳

緑帯、赤い帯、青い帯…への思い

投稿日:2017年5月31日 更新日:

2017年5月31日付け「編集手帳」要約

〈ゆめみひとみで緑帯/むすめざかりは赤い帯/朱にまじわって白い帯/トウがたったら青い帯/行きつく先は黄ン帯〉
岩波文庫は背表紙の色で分類されているが、かつては帯で色で分けられていた。
その岩波文庫が今年7月、創刊から満90年を迎えるという。
むさぼるように読んだ青春の頃を思い起こしている方もいるだろう。
本を読みたくても読めない時代もあった。
緑に、赤に、青に、それぞれの思いを残し、どれほど多くの若者が戦場に短い生命を終えただろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.08.05付け「編集手帳」要約

こころ揺さぶられる日々が始まる

2018年8月5日付け「編集手帳」要約 凛としてたたずむ漆喰のスコアボードは甲子園球場の顔だ。 それが潜水艦と呼ばれていた時代の艦長さんは、「私は高校野球の悲しいところだけしか見ていない」と言っていた …

2017.09.12付け「編集手帳」要約

日本には残された時間が少ない

2017年9月12日付け「編集手帳」要約 「万人の万人による戦い」は〈孤独でまずしく、つらく残忍でみじかい〉生活であるらしい。 それよりひどい人生は、〈不快で残酷で長い人生である〉と言う。 2007年 …

2017.07.06付け「編集手帳」要約

穏やかな眠りを一刻も早く

2017年7月6日付け「編集手帳」要約 暴れ狂う濁流の映像から目を離せずにいる。 気象庁はきのう夕刻、筑後・筑豊地方などに「大雨特別警報」を発表した。 土砂崩れや河川の氾濫におびえつつ、多くの住民が眠 …

2017.10.30付け「編集手帳」要約

多くのナッジ応用例発信を期待する

2017年10月30日付け「編集手帳」要約 環境省でも今年度、地球温暖化対策で事業を始めた。 電力や情報通信関連企業、大学などが組み、日本版ナッジを科学的に追求する。 ナッジとはノーベル経済学賞に決ま …

2017.10.22付け「編集手帳」要約

自らの1票で国を動かす意思があるか

2017年10月22日付け「編集手帳」要約 7月に亡くなった平尾昌晃さんの曲『星は何でも知っている』。 星は恋をお見通しだが、何もせずに見守るだけだ。 それは星を掲げた国旗を持つ、中国、北朝鮮、米国で …