編集手帳

わが身に「驚け」と命じている

投稿日:2017年5月30日 更新日:

2017年5月30日付け「編集手帳」要約

「驚く」は、はたから強要したり、されたりするものではないのかも知れない。
それを承知でわが身に「驚け」と命じている。
北朝鮮が3週連続で日本海に弾道ミサイルを発射した。
繰り返される異常な行為に慣れ、緊張が緩むことほど怖いものがない。
何かにびっくりしたときに〈驚き桃の木山椒の木〉と言う。
山椒の辛味をニュースの中に求め、嘗め、神経を研ぎすます。
いくら驚いても、怒っても、“過ぎる”ことはない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.08.31付け「編集手帳」要約

平和を守る決意が試される

2017年8月31日付け「編集手帳」要約 8月、年々歳々巡り来て日本人は〈愚かな戦争をしたこと〉に思いを致し、平和の2文字を胸に刻む。 今年は、例年と違う8月だった。 いまも〈愚かさを見せている人間の …

2018.07.06付け「編集手帳」要約

役人としてもお父さんとしても…

2018年7月6日付け「編集手帳」要約 〈唐突だが/奈々子/おとうさんは お前に/多くを期待しないだろう/… お父さんが/お前にあげたいものは/健康と/自分を愛する心だ〉(吉野弘『奈々子に』) 文部科 …

2017.08.30付け「編集手帳」要約

独裁者と通じる側に問う

2017年8月30日付け「編集手帳」要約 北朝鮮がきのう北海道上空への弾道ミサイル発射という愚挙に出た。 緊急警報が流れ、震える思い出過ごした方もおられよう。 核実験の準備も整えたという。 国際社会の …

2017.11.23付け「編集手帳」要約

この「だまし屋」はいけない

2017年11月23日付け「編集手帳」要約 昭和の半ばに見かけた「だまし屋」 その公演チラシには、出演者が美空いばり、橋雪夫とどこか愛嬌があった。 だが、これはお客様から「だまし屋」のそしりは免れまい …

2018.05.27付け「編集手帳」要約

魔法を期待するのは夢物語なのか

2018年5月27日付け「編集手帳」要約 カンヌ映画祭で河瀬直美監督とジュリエット・ビノシュさんが出会う。 その縁が監督の創作意欲をかき立て、ビノシュさんが映画に出演する。 それは映画祭の持つ魔法の力 …