編集手帳

わが身に「驚け」と命じている

投稿日:2017年5月30日 更新日:

2017年5月30日付け「編集手帳」要約

「驚く」は、はたから強要したり、されたりするものではないのかも知れない。
それを承知でわが身に「驚け」と命じている。
北朝鮮が3週連続で日本海に弾道ミサイルを発射した。
繰り返される異常な行為に慣れ、緊張が緩むことほど怖いものがない。
何かにびっくりしたときに〈驚き桃の木山椒の木〉と言う。
山椒の辛味をニュースの中に求め、嘗め、神経を研ぎすます。
いくら驚いても、怒っても、“過ぎる”ことはない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.12.31付け「編集手帳」要約

今年も多くの人が旅立った

2017年12月31日付け「編集手帳」要約 今年も多くの人が旅立った。 日本シリーズで審判への抗議で1時間以上中断させた、熱血漢、上田利治元阪急監督。 数々の叙情あふれる演歌を残した、船村徹さん。 か …

2017.08.04付け「編集手帳」要約

国民の視線は塩辛い

2017年8月4日付け「編集手帳」要約 蒸気機関車の機関士は、食塩の錠剤を口に含み、顔を真っ赤にして罐を焚いていた。 国民を乗せた長距離列車の、内閣は機関士だろう。 罐を焚く面々がいつの間にか、一等車 …

2017.09.10付け「編集手帳」要約

頑張れ「ケイスケ」

2017年9月10日付け「編集手帳」要約 「ケイスケ」と聞いて真っ先に思い浮かぶ著名人は誰か。 平成になって物心ついた世代にとって、サッカーの本田圭佑選手らしい。 20代前半から31歳の今日まで代表チ …

2017.04.30付け「編集手帳」要約

東西南北の北の比重大だった4月

2017年4月30日付け「編集手帳」要約 「読売新聞」という題号を決まるまでに、登場した案の一つに「東西南北」があった。 NEWSは、方角を示す四つの単語の頭文字を並べたものだという説がある。 北朝鮮 …

2017.02.08付け「編集手帳」要約

ウソついたら針千本のーます

きょうは「針供養」の日。 昔は女房のへそくりの隠し場所となっていた針箱だが、 当節、隠れているものがるとすれば、祖母や母親にまつわる思い出かもしれない。 「指切りげんまん・・・」も、針箱の中に隠れてい …