編集手帳

わが身に「驚け」と命じている

投稿日:2017年5月30日 更新日:

2017年5月30日付け「編集手帳」要約

「驚く」は、はたから強要したり、されたりするものではないのかも知れない。
それを承知でわが身に「驚け」と命じている。
北朝鮮が3週連続で日本海に弾道ミサイルを発射した。
繰り返される異常な行為に慣れ、緊張が緩むことほど怖いものがない。
何かにびっくりしたときに〈驚き桃の木山椒の木〉と言う。
山椒の辛味をニュースの中に求め、嘗め、神経を研ぎすます。
いくら驚いても、怒っても、“過ぎる”ことはない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.08.31付け「編集手帳」要約

平和を守る決意が試される

2017年8月31日付け「編集手帳」要約 8月、年々歳々巡り来て日本人は〈愚かな戦争をしたこと〉に思いを致し、平和の2文字を胸に刻む。 今年は、例年と違う8月だった。 いまも〈愚かさを見せている人間の …

2017.10.07付け「編集手帳」要約

自然で素朴な国民感情だ

2017年10月7日付け「編集手帳」要約 今年のノーベル文学賞にカズオ・イシグロ氏が選ばれた。 ナニ人とかナニ民族というのは、紛争の下地のように思えて普段は遠慮するが、この喜びはなんだろう。 いまは英 …

2017.01.12付け「編集手帳」要約

プロ野球の恩人のひとり

晩年のビクトル・スタルヒンから本塁打を打った故・豊田泰光さんが叱られた。 豪速球で満天下を魅了したスタルヒンが、対戦相手でさえ敬意を払わずに入られない功労者であったことが分かる。 日本のプロ野球界を今 …

2017.04.04付け「編集手帳」要約

看という字に口も重なるといい

2017年4月4日付け「編集手帳」要約 病気や体調不良のとき、外国で言葉が通じないのは困りものである。 そこで東京大学病院など約20の病院で、 医療の現場で使える自動翻訳装置の実証実験を始めるという。 …

2017.10.04付け「編集手帳」要約

体内時計を狂わせぬよう

2017年10月4日付け「編集手帳」要約 森鷗外は寝る間も惜しんで文学に励み、「人間は2時間寝ればたくさんだ」と語っていた。 しかし、「体内時計」に逆らう不規則な生活は様々な病気を招き寄せるらしい。 …