編集手帳

土俵に帰ってくる日を待つ

投稿日:2017年5月25日 更新日:

2017年5月25日付け「編集手帳」要約

「稀勢の里、危ない!」
大相撲の夏場所、稀勢の里−千代の国戦。
俵に追いつめられた横綱にアナウンサーが叫んだ。
左肩の負傷、完治にほど遠い身で土俵を務める姿に、そのひと言が漏れたのだろう。
人間らしくてほほえましい。
けがはやはり重かったらしく、11日目から休場した。
土俵に帰ってくる日を待つ。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.02.20付け「編集手帳」要約

虚をつかれぬよう備えろ

2017年2月20日付け「編集手帳」要約 トランプ米大統領の就任から1ヶ月が過ぎる。 「虚実皮膜」を唱えた、近松門左衛門に学んだわけではあるまいが、 虚実をうまく取り混ぜて話す手法は、どこまで本気で、 …

2017.11.16付け「編集手帳」要約

這っても黒豆

2017年11月16日付け「編集手帳」要約 【這っても黒豆】ということわざがあるが、この「黒」はどうなのだろう? 大阪府立高校の女子生徒が訴訟を起こした。 生まれつき茶色の髪を学校に無理やり黒く染めら …

2017.10.30付け「編集手帳」要約

多くのナッジ応用例発信を期待する

2017年10月30日付け「編集手帳」要約 環境省でも今年度、地球温暖化対策で事業を始めた。 電力や情報通信関連企業、大学などが組み、日本版ナッジを科学的に追求する。 ナッジとはノーベル経済学賞に決ま …

2017.06.20付け「編集手帳」要約

裏切られた悪筆伝説の理由

2017年6月20日付け「編集手帳」要約 文藝春秋の社長を務めた池島信平氏は若い頃、編集者として、悪筆で名高い長谷川伸を担当した。 その直筆原稿が自宅に現存しているという記事を見て、おやと思った。 ち …

2018.09.25付け「編集手帳」要約

食いしん坊のやぎのような両首脳

2018年9月25日付け「編集手帳」要約 童謡「やぎさん ゆうびん」では、無限に手紙をやり取りする。 自分が食いしん坊なのは心得ていても、相手もそうだということは忘れてしまう。 相手が自分と同じだと心 …