編集手帳

無情な言葉の放水を浴びた心地

投稿日:2017年5月24日 更新日:

2014年5月24日付け「編集手帳」要約

「(がん患者は)働かなくてもいいのではないか」。
自民党の大西英男衆院議員が党の部会で発言し、あとで謝罪した。
昨年、一昨年に続く謝罪。
がんを患う人が働くことより、こういうお人が議員を名乗っていることのほうが不思議である。
治療を受けながら働く病身を、“心の炎”で必死に支えている人たちがいる。
無情な言葉の放水を浴びた心地だろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.07.23付け「編集手帳」要約

地方をどう守るか柔軟に考えたい

2018年7月23日付け「編集手帳」要約 児童書『さかさ町』は、すべてが逆さまな街の様子を描いている。 頭の柔らかい子供には理屈なく面白いらしい。 日本でも昔と今で逆さまが生じている。 年齢別構成を表 …

2017.06.11付け「編集手帳」要約

時代の流れに抗う奇怪な鼻

2017年6月11日付け「編集手帳」要約 顔の主要部分の目鼻口で、鼻だけが加齢に伴う変化があまりないらしい。 なるほど、髪は白くなったが、鼻の形は同じに見えなくもない。 「渋谷暴動」に関与したとして逮 …

2017.11.15付け「編集手帳』要約

化粧まわしがくすんで見える

2017年11月15日付け「編集手帳」要約 力士の範となるべき横綱・日馬富士が貴ノ岩に重傷を負わせたとして、九州場所を休場した。 先場所の劇的な逆転優勝は記憶に新しい。 まじめで根気強い印象の横綱だけ …

2018.09.11付け「編集手帳」要約

新女王が初々しく誕生した

2018年9月11日付け「編集手帳」要約 大坂なおみ選手が日本勢として初めて、テニスの全米オープンを制した。 セリーナ・ウィリアムズ選手との決勝は、完全アウェー。 表彰式までブーイングがわき起こった。 …

2017.05.25付け「編集手帳」要約

土俵に帰ってくる日を待つ

2017年5月25日付け「編集手帳」要約 「稀勢の里、危ない!」 大相撲の夏場所、稀勢の里−千代の国戦。 俵に追いつめられた横綱にアナウンサーが叫んだ。 左肩の負傷、完治にほど遠い身で土俵を務める姿に …