編集手帳

その人を誇りに思う

投稿日:2017年5月23日 更新日:

2017年5月23日付け「編集手帳」要約

WBAミドル級タイトルマッチで、有効打にまさる村田諒太選手がまさかの判定に敗れた。
WBAの会長みずから「ひどい判定」と認めた。
試合の翌日、村田選手はエンダム選手に面会を求め、告げた。
「判定どうこうより、お互いベストを尽くした。素晴らしい経験をありがとう」
出来た人である。
心からその人を誇りに思う。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.10.07付け「編集手帳」要約

自然で素朴な国民感情だ

2017年10月7日付け「編集手帳」要約 今年のノーベル文学賞にカズオ・イシグロ氏が選ばれた。 ナニ人とかナニ民族というのは、紛争の下地のように思えて普段は遠慮するが、この喜びはなんだろう。 いまは英 …

2018.05.06付け「編集手帳」要約

お休み、大丈夫ですか?

2018年5月6日付け「編集手帳」要約 休日の分散はなかなか難しく、浮かんでは消えるを繰り返す課題ではある。 今年度からはキッズウィークの取組が始まる。 学校の休みを分散し、親の有給休暇取得を促す狙い …

2017.03.20付け「編集手帳」要約

墓をめぐる世相が変わってきた

2017年3月20日付け「編集手帳」要約 墓をめぐる世相が急速に変わっている。 大規模な納骨堂が次々と建てられ、散骨も流行している。 「◯◯家の墓」に入るのが当たり前、と言う時代は過ぎ去ろうとしている …

2018.10.04付け「編集手帳」要約

人は土の中に顔を埋め込むだろうか

2018年10月4日付け「編集手帳」要約 〈ダチョウの政治〉というオランダのことわざがある。 立ったまま首を伸ばし、土の中に顔を埋め込む動作を指す。 「悪いことが起きているのに、全く気づいていないふり …

2017.02.26付け「編集手帳」要約

時間ばかりが過ぎていく

2017年2月26日付け「編集手帳」要約 略語の用法に新しい意味が加わって、時代の激変を痛感することがある。 「仮設」 仮設住宅の事だったが、最近は東京五輪の仮設施設をさす場合も多い。 五輪開催が決ま …