編集手帳

ときに古い記憶を呼び覚ます

投稿日:2017年5月21日 更新日:

2017年5月21日付け「編集手帳」要約

〈作新学院の江川投手の快速球を待つ非力な打者〉
圧倒的な強者の比喩として、井上ひさしさんが使っていた。
早稲田実業の清宮幸太郎選手はそれに匹敵する注目度と言える。
人気者の登場に、試合場所を収容人数の多い球場に変更、警備員も増やしたという。
優れた選手の出現は、ときに古い記憶を呼び覚ます。
江川投手が甲子園で活躍した頃、米国ではウォーターゲート事件でニクソン大統領が辞任している。
現在進行形の大統領の疑惑が事件の記憶をたぐい寄せた。
推移を注視しつつ、心地良い追憶に浸れる幸せを思う。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.12.21付け「編集手帳」要約

1分半

2017年12月21日付け「編集手帳」要約 なぜ異音や異臭をそのままに新幹線は3時間も運転を続けたのだろう。 亀裂の生じた台車枠は残りわずか3センチで破断していたという。 脱線すればどうなっていたか、 …

2017.06.07付け「編集手帳」要約

受話器を握りしめ天に祈ったろう

2017年6月7日付け「編集手帳」要約 小型飛行機が墜落した事故で亡くなった4人のうちの一人、川西勝基さんの記事を読んだ。 墜落し、警察に連絡し、身動きがとれないことを父親の均さんに電話で伝えた。 「 …

2017.08.29付け「編集手帳」要約

しかるべきためらいがなかったか

2017年8月29日付け「編集手帳」要約 「臍の緒は妙薬」という短編がある。 作中、主人公の女性が幼少時に思い肺炎を患ったとき、母が臍の緒をのませてくれたに違いないと、思い込んだ。 臍の緒は胎児の命を …

2017.02.20付け「編集手帳」要約

虚をつかれぬよう備えろ

2017年2月20日付け「編集手帳」要約 トランプ米大統領の就任から1ヶ月が過ぎる。 「虚実皮膜」を唱えた、近松門左衛門に学んだわけではあるまいが、 虚実をうまく取り混ぜて話す手法は、どこまで本気で、 …

2017.10.16付け「編集手帳」要約

三都物語の評判は

2017年10月16日付け「編集手帳」要約 東京と大阪、愛知3都府県が連携する「三都物語」の評判はどうだろう。 3都府県の経済規模は全国の3割を占める。 成長のエンジン役を果たす決意は頼もしい。 一方 …