編集手帳

ときに古い記憶を呼び覚ます

投稿日:2017年5月21日 更新日:

2017年5月21日付け「編集手帳」要約

〈作新学院の江川投手の快速球を待つ非力な打者〉
圧倒的な強者の比喩として、井上ひさしさんが使っていた。
早稲田実業の清宮幸太郎選手はそれに匹敵する注目度と言える。
人気者の登場に、試合場所を収容人数の多い球場に変更、警備員も増やしたという。
優れた選手の出現は、ときに古い記憶を呼び覚ます。
江川投手が甲子園で活躍した頃、米国ではウォーターゲート事件でニクソン大統領が辞任している。
現在進行形の大統領の疑惑が事件の記憶をたぐい寄せた。
推移を注視しつつ、心地良い追憶に浸れる幸せを思う。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.12.23付け「編集手帳」要約

寂寥に涙したに違いない

2017年12年23日付け「編集手帳」要約 アインシュタインは湯川博士を米国で出迎えた際、原爆製造を進言したことを涙を流して謝罪したという。 湯川博士も終戦間際、原爆研究に携わっていたことを一切公言す …

2017.10.12付け「編集手帳」要約

またも出ーた

2017年10月12日付け「編集手帳」要約 神戸製鋼の検査データの改ざん問題が広がりを見せた。 アルミ、銅製品につづいて、部品の原料に使用される鉄粉でも不正が判明したという。 自動車、新幹線、英国に輸 …

2018.01.01付け「編集手帳」要約

コラムで応援の声を張りあげる

2018年1月1日付け「編集手帳」要約 元旦の紙面に向けて。 現実にはなかなか言えないひとことを、コラムで応援の声を張りあげるたい。 奮闘努力する人の姿を見れば、報われますようにと祈りたい。 くじけそ …

2018.04.14付け「編集手帳」要約

対策がいる、支援がいる

2018年4月14日付け「編集手帳」要約 前震、本震と2度の「震度7」に見舞われた熊本地震から、きょうで2年になる。 いまだ約3万8000人の方が仮設住宅などの仮住まいを余儀なくされているという。 今 …

2017.07.14付け「編集手帳」要約

小さな幸せを知らずに逝った人

2017年7月14日付け「編集手帳」要約 歳時記と古典落語にひっそりと残る「藪入り」 明後日がその日にあたる。 今年に限って思い出されるのは、働き方を考えさせられるニュースのせいかも知れない。 電通の …