編集手帳

ときに古い記憶を呼び覚ます

投稿日:2017年5月21日 更新日:

2017年5月21日付け「編集手帳」要約

〈作新学院の江川投手の快速球を待つ非力な打者〉
圧倒的な強者の比喩として、井上ひさしさんが使っていた。
早稲田実業の清宮幸太郎選手はそれに匹敵する注目度と言える。
人気者の登場に、試合場所を収容人数の多い球場に変更、警備員も増やしたという。
優れた選手の出現は、ときに古い記憶を呼び覚ます。
江川投手が甲子園で活躍した頃、米国ではウォーターゲート事件でニクソン大統領が辞任している。
現在進行形の大統領の疑惑が事件の記憶をたぐい寄せた。
推移を注視しつつ、心地良い追憶に浸れる幸せを思う。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.10.10付け「編集手帳」要約

早すぎないか

2018年10月10日付け「編集手帳」要約 昭和の大相撲を華やがせた元横綱、輪島大士さんが亡くなった。 享年70歳。 「黄金の左」にしびれた世代は早すぎないかという思いだろう。 名勝負を何度も演じた初 …

2017.06.03付け「編集手帳」要約

置き忘れた時間を所蔵する場所

2017年6月3日付け「編集手帳」要約 愛知県が愛・地球博記念公園を「ジブリパーク」に模様替えするという。 虫、鳥、小川、薄暗い森、可愛いお化けたち…。 当たり前のように身のまわりにあった時は意識せず …

2017.05.15付け「編集手帳」要約

蔡温からの格言

2017年5月15日付け「編集手帳」要約 琉球王国に「蔡温」という政治家がいた。 薩摩の琉球王国支配を、本意ではなかったが追い出すことが困難で、共存が最善策と考えた。 沖縄はきょう本土復帰45年を迎え …

2018.04.24付け「編集手帳」要約

道理を述べた寅さんの勘違い

2018年4月24日付け「編集手帳」要約 〈朝(あした)に道を聞かば、夕べに死すとも可なり〉 朝(あさ)どう生きるかを悟れば、夕方に死んでも後悔はない−との意味だ。 だが、寅さんは「明日道を聞こうとし …

2018.05.12付け「編集手帳」要約

街々の支店はどう変わるのだろう

2018年5月12日付け「編集手帳」要約 昔、銀行員の犯す桁違いのミスを発見する方法に「9で割れ」という方法があった。 今ではコンピューターの活用ですっかり昔話になったに違いない。 さらにAIも絡み、 …