編集手帳

異形の眠りの人々へ朗報が届くといい

投稿日:2017年5月17日 更新日:

2017年5月17日付け「編集手帳」要約

「ナルコレプシー」
作家の色川武大さんが、“暴力睡眠”と呼ぶほど激しい眠気や脱力の発作が襲う病気で、根本的な治療薬がない。
筑波大学の研究チームが、マウスの実験ながら症状を抑える物質が開発されたと発表した。
緊張の鎧を脱ぎ捨てて、心身を解き放つのが睡眠の本来の姿だ。
異形の眠りに苦しむ人々に、朗報が届くといい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.01.08付け「編集手帳」要約

人間は野菜ほど強くない

ネギやダイコンなどは冬の寒さに触れて甘みを帯びる。 松が開けたところで、野菜に倣って冷気にあたり、緩んだ我が身に活を入れる。 それもいいかなと思うが、この時期に体調を崩す「正月病」には体を温めて睡眠の …

2018.05.25付け「編集手帳」要約

心の重荷を背負わせる師

2018年5月25日付け「編集手帳」要約 寺田寅彦は熊本五高時代、英語教師、夏目金之助と運命の出会いをする。 当時俳人として有名だった先生から俳句の講釈をたっぷり聞いて帰った。 のちの東京の漱石邸には …

2018.05.31付け「編集手帳」要約

現実にあった横暴な神の寓話

2018年5月31日付け「編集手帳」要約 良心が試されたと思えばどうだろう。 日大アメフト部の学生である。 自らの過ちに気づいたことは、再び前を向き一度は青春を掛けた競技に帰る資格はある。 関東学生ア …

2018.06.24付け「編集手帳」要約

たくましい11人の奮闘を願う

2018年6月24日付け「編集手帳」要約 サッカーのW杯、日本の第2戦はセネガルが相手だ。 その国のシンボル、バオバブの木は食品や薬など100以上もの使い道がある。 近年は保湿効果の高いオイルや整腸作 …

2018.03.19付け「編集手帳」要約

北の動きを凝視していきたい

2018年3月19日付け「編集手帳」要約 「ことばは実体とくっついている。実体がある場合は一緒に見せてほしい」(谷川俊太郎)。 北朝鮮の「非核化の意思」はどうだろう。 はたして実体が伴うのか。 米朝首 …