編集手帳

異形の眠りの人々へ朗報が届くといい

投稿日:2017年5月17日 更新日:

2017年5月17日付け「編集手帳」要約

「ナルコレプシー」
作家の色川武大さんが、“暴力睡眠”と呼ぶほど激しい眠気や脱力の発作が襲う病気で、根本的な治療薬がない。
筑波大学の研究チームが、マウスの実験ながら症状を抑える物質が開発されたと発表した。
緊張の鎧を脱ぎ捨てて、心身を解き放つのが睡眠の本来の姿だ。
異形の眠りに苦しむ人々に、朗報が届くといい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.02.27付け「編集手帳」要約

不詳、今頃になって気づく

2018年2月27日付け「編集手帳」要約 部活動が教員の長時間勤務の一因だとして、このごろ一段と議論が盛んになっている。 スポーツ庁の有識者会議や自民党からさまざまな意見が出される。 いずれ地域や保護 …

2018.03.28付け「編集手帳」要約

「human rights」が「不満」に見える

2018年3月28日付け「編集手帳」要約 「森友文書」改ざん問題をめぐる衆参両院での証人喚問。 真相解明を図る議会の利益と証言を拒否できる個人の権利が油と水のように交わらなかった。 改ざんは「首相官邸 …

2018.10.01付け「編集手帳」要約

中堅や若手の処遇が見所だ

2018年10月1日付け「編集手帳」要約 現役時代8年連続100打点超えの記録を持つラミレス横浜DeNA監督。 ネクスト・バッターズ・サークルで、常に100%の準備をしていたそうだ。 内閣改造・自民党 …

2017.02.21付け「編集手帳」要約

負の言葉に情緒が宿る

2017年2月21日付け「編集手帳」要約 名作として名高い、倉本聰さん脚本の『昨日、悲別で』。 そのなかに「泣きべそ通り」という裏路地が出てくる。 “悲”も“泣きべそ”も正負でいえば負の言葉だが、とき …

2017.03.12付け「編集手帳」要約

希望に向かってあと何日と数える

2017年3月12日付け「編集手帳」要約 希望があれば、今日の日付を起点にあと何日と指折り数えることが出来る。 東日本大震災の新しい復興住宅に移り住んだ人々から、 「仮設はよかった」という声がもれる。 …